mobby rideの電動キックボード公道実証パートナー(出所:mobby ride)
[画像のクリックで拡大表示]
mobbyが福岡市のサポートを得て九州大学の伊都キャンパスで実施した実証実験の様子(出所:mobby ride)
[画像のクリックで拡大表示]

 経済産業省は2020年10月16日、産業競争力強化法の「新事業特例制度」に基づく新事業活動計画として、Luup(東京都渋谷区)、mobby ride(福岡市)、EXx(東京都港区)からの「電動キックボードによる普通自転車専用通行帯の走行」の申請案件を認定した。新事業特例制度は、新しい事業を実施しようとする事業者が事業の支障となる規制の特例措置を提案する制度。事業を所管する官庁は、安全性の確保を条件に特例措置を認定するかどうかを判断する。

 電動キックボードは法令上、原動機付自転車に該当するため普通自転車専用通行帯を走行することができない(警察庁交通局の2002年通達)。だが、今回の特例措置に認定された案件は、特定エリア内での普通自転車専用通行帯の走行が可能になる。

 特定エリアは、Luupが東京都渋谷区、新宿区(一部)、世田谷区、千代田区(一部)、mobby rideが愛媛県今治市から広島県尾道市、兵庫県神戸市、福岡県福岡市(いずれも一部)、EXxが神奈川県藤沢市、千葉県柏市(一部)、東京都渋谷区と世田谷区。新事業活動計画の実施期間は、いずれも2020年10月から2021年3月まで。各事業者は期間中に電動キックボードの実証実験を行い、走行データを収集する。

 Luupは同制度での認定を前提に、実証実験の参加者を2020年9月から公募しており、100人に100台の電動キックボードを貸し出して走行時の各種データを取得する計画を立てている(関連記事)。mobby ride、EXxも、Luupと同じように電動キックボードの利用者を募集し、その走行データを収集するとしている。収集した走行データは、電動キックボードの適切な規制を検討する材料として、普通自転車専用通行帯を走行する自転車や車道を走行する原動機付自転車と比較分析する。

訂正履歴
初出時、本文中で「自動車専用通行帯」「普通自動車専用通行帯」としていた箇所はすべて「普通自転車専用通行帯」の誤りでした。お詫びして訂正します。記事は修正済みです。 [2020/10/29 18:40]