和歌山市とglafit(和歌山市)の「人力と電動モードを切替可能なハイブリッドバイクの自転車レーン走行実証」が2019年10月17日、新技術等実証制度(プロジェクト型サンドボックス)の認定を取得した。同制度は、新たな技術やビジネスモデルの実施が現行規制との関係で難しい場合、内閣官房が窓口となって申請を受け付け、規制官庁からの認定を取得した上で実証実験を行うもの。実験によって得られたデータは、規制の見直しに利用する。

 和歌山市とglafitのプロジェクトは、glafitが開発・販売する「glafitバイク」が「ペダルのみモード」のときに自転車レーンなどの自転車用通行区分を走行しても安全性に問題がないことの実証を目的とする。glafitバイクの走行モードは、モーターだけで走行する「電動モード」、人力だけで走行する「ペダルのみモード」、モーターと人力を組み合わせる「ハイブリッドモード」がある。現行規制では原動機付自転車(原付)に区分されているため、人力だけで走行する「ペダルのみモード」であっても車道しか通行できない。

glafitバイクGFR-01(出所:glafit)
[画像のクリックで拡大表示]
現行の規制ではglafitバイクは自転車レーンではなく赤色のエリアを通行しなければならない(出所:glafit)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は和歌山市内で11月から2020年1月まで実施する。モーターに電源を供給できないように改造したglafitバイクを無償レンタルし、「ペダルのみモード」で自転車用通行区分の走行時に発生する危険走行件数などのデータを取得する。使用するglafitバイクはナンバープレートを取得せず、代わりに実証実験中であることを示すプレートを掲示する。レンタル利用者は原付免許の保有者に限定する。

 和歌山市とglafitは、実証制度に申請した背景について「(glafitバイクの)購買者には高齢者も含まれており、通行に当たっては、大型車両と同じ車道を通行する必要があるため、当該車両・大型車両双方の安全性を損なうとの意見がある」(認定プロジェクト資料から引用)と説明。実証実験によって安全性が確認できた場合は、どのモードで走行しているかを色で示すライトをglafitバイクに装着したうえで、ペダルのみモードでは自転車の通行区分を走行できるように規制が緩和されることを要望している。