横浜市、京浜急行電鉄、横浜国立大学、日産自動車は2021年11月1日から2022年1月31日まで、横浜市金沢区富岡エリアで「乗合型移送サービスとみおかーと実証実験」を実施中だ。とみおかーとの実証実験は2018年から継続的に実施されており(関連記事)、4年目となる今回の実験は本格運行に向けての最終段階に位置付けられている。

 過去3年の実証実験を踏まえ、今回は利用ニーズが集中している坂道を中心としたコースと駅から遠い住宅地へのコースの2つに運行ルートを集約する。あらかじめ場所が決められた停留所は使用せず、手挙げによる自由乗降となる。また、過去の実験参加者(利用者)から希望が多かった、朝夕の運行時間帯の拡大、小人運賃の導入に加え、キャッシュレス決済を導入する。これまでの実証実験で必要だった利用者の事前登録は不要になった。

とみおかーと実証実験の運行ルート。坂道を中心としたコースと駅から遠い住宅地へのコースに集約された(出所:京浜急行電鉄)
とみおかーと実証実験の運行ルート。坂道を中心としたコースと駅から遠い住宅地へのコースに集約された(出所:京浜急行電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]

 車両は、日産自動車のワンボックスカー「日産キャラバン」(乗車定員8人)を使用する。運行時間は午前8時30分頃から午後6時頃までで、日曜・祝日は運休。運行頻度は、2つのルートでそれぞれ1時間に1本程度となる。運賃は、1乗車あたり大人200円、小人(小学生)100円、未就学児無料で、現金、二次元バーコード決済(PayPay、LINE Pay)、クレジットカードのタッチ決済(Visaのタッチ決済)での支払いとなる。

「とみおかーと実証実験」のウェブサイト(https://tomio-cart.jp/)
「とみおかーと実証実験」のウェブサイト(https://tomio-cart.jp/)

 実験ではこのほか、とみおかーとに乗車するたびにポイントが貯まる外出促進アプリ「とみおかーとMoove」を導入する。とみおかーとMooveは、横浜国立大学とあいおいニッセイ同和損保の共同研究によるもので、獲得したポイントはカフェチェーン店やコンビニのクーポン券などに交換できる。