「my route」のマルチモーダルルート検索(右)と店舗・イベント情報検索(左)のイメージ画面(資料:西日本鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

 西日本鉄道とトヨタ自動車は、交通や店舗・イベント情報を持つ8企業・自治体と協力して2018年11月1日に、スマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」の実証実験を、福岡市とその周辺地域で実施中だ。実験期間は11月1日から2019年3月31日までの5カ月間の予定。

 マルチモーダルモビリティサービスとは、複数の交通機関・移動手段を連携させて効率的なルートを案内するサービスのこと。今回の「my route」の無料ダウンロードアプリでは、公共交通(バス・鉄道・地下鉄など)、自動車(タクシー・レンタカー・自家用車)、自転車(レンタサイクル)、徒歩など、さまざまな移動手段を組み合わせてルートを検索したり、店舗・イベント情報を検索したり、必要があれば予約・決済までを一貫してサポートしたりできる。実験ではマルチモーダルモビリティサービスの実用性や改善点について検証し、生活者や観光客にとって利便性の高いサービスの提供や実装に向けて、検討を重ねていく方針だ。

 従来、街の移動をサポートするサービスに対しては、「目的地までの複数の移動手段をまとめて検索したい」「店舗・イベントなどの目的地探しから、目的地までの移動ルート検索、移動手段の予約・支払いを一貫して済ませたい」などの声があった。そこで「my route」では、福岡市内での円滑な移動をサポートする一連の機能を1つのアプリで提供することにより、「街のにぎわいの創出」への貢献などを目指す。

 プロジェクトの始動は2017年の9月。トヨタが自社でマルチモーダルモビリティサービスの開発を進めるに当たり、福岡県を基盤に鉄道やバスなどの路線網を持つ大手私鉄の西鉄に協力を仰いだものだ。今回の実証実験では、トヨタはアプリと決済プラットフォームの開発・運営、およびトヨタのレンタカーの情報提供を担う。西鉄は、自社が運行するバスの位置情報や、西鉄グループが持つ店舗・イベント情報などを提供する。また「福岡市内フリー乗車券」のデジタル版も、西鉄として初めてアプリ版限定で販売する。

 実証実験には情報提供などで8企業・自治体が協力する。タクシー配車アプリ「JapanTaxi」を配信するJapanTaxi や、シェアサイクルサービス「メルチャリ」を手がけるメルカリグループ、福岡市の公式シティガイド「よかなび」を提供する福岡市も参画する。こうした10者共同の実証実験の取り組みは、約1年の準備期間を経て実現したものだ。西鉄の担当者は「『my route』を通して街での移動の回遊性を向上し、さらににぎわいのあるエリアを創り出したい」と話す。