京都府舞鶴市は、オムロン子会社のオムロン ソーシアルソリューションズ(東京都港区、以下OSS)、日本交通(大阪府)と共同で、2020年4月から6月にかけて舞鶴市内でMaaS(マース:Mobility as a Service)の実証実験を行う。利用者の移動手段として、バスやタクシーなどの公共交通機関と、住民同士の送迎を組み合わせる。

住民同士の送迎の仕組み(資料:舞鶴市、オムロン ソーシアルソリューションズ、日本交通)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験では、利用者200人、ドライバー200人を事前に募集。利用者は高齢者と高校生で、ドライバーとして退職後の人や隙間時間を活用したい人などを想定している。利用者、ドライバーとも舞鶴市民が対象だ。

 実験には、OSSが開発したMaaSアプリ「meemo(ミーモ)」を使う。利用者が、「meemo」に目的地を入力して行き方を検索すると、バス、タクシー、住民同士の送迎を組み合わせた複数の選択肢が提示され、その中から移動方法を選択する。住民同士の送迎やタクシーを含む移動手段を選んだ場合は、送迎依頼や配車も「meemo」でできる。

MaaSアプリ「meemo」の画面イメージ(資料:舞鶴市、オムロン ソーシアルソリューションズ、日本交通)
[画像のクリックで拡大表示]

 住民同士の送迎を選んだ場合は、利用者はガソリン代の実費と、感謝を表すポイント「mee」をドライバーに渡し、ドライバーは獲得した「mee」によって、市からの表彰やイベントへの優待などのメリットが得られる仕組みだ。ただし実証実験中は、ガソリン代は3者で構成する「舞鶴市共生型MaaS実証実験運営協議会」が支払う。

 舞鶴市とOSSは、19年4月に包括連携協定を締結し、地域課題の解決に取り組んでいる。今回の実証実験では、そこに日本交通が加わった。舞鶴市は運営協議会の事務局、広報、実証実験参加者の募集を行い、OSSはシステム運用とデータ解析、関係者の影響調査を、日本交通はバス・タクシーの配車と住民ドライバーの運行管理の役割を担う。行政、交通事業者、住民が一体となって取り組むことで、住民同士の送迎と公共交通機関を組み合わせた移動を実現し、住民の利便性向上と、それに伴う総移動量の変化などを検証する。

 地方都市の多くは、住民の移動に関して課題を抱えている。バス・タクシーなどの交通事業者のドライバー不足が深刻で、公共移動サービスの維持が難しいことから、住民同士の送迎という新たな移動手段への期待が高まっている。こうした背景から、住民同士の助け合いを促す仕組みづくりの一環として実証実験を行い、地域共生型のMaaS構築の可能性を検証する。