自動運転バスの運行ルート。便数やルートは住民の要望に合わせて順次拡大するという(出所:境町)
[画像のクリックで拡大表示]
自動運転バスの車両となるフランスNavya社の「NAVYA ARMA」(出所:境町)
[画像のクリックで拡大表示]
時刻表。カッコ書きは2台目の運行開始時に追加する便の時刻(出所:境町)
[画像のクリックで拡大表示]

 茨城県境町は2020年11月26日、自動運転バスを使った定時・定路線の運行を開始した。フランスNavya社の「NAVYA ARMA」3台を導入し、当初は1日8便を運行する。乗車定員は11人で、料金は無料。定員11人以上の自動運転車両が公道を走行する生活路線バスとして実用化するのは、自治体としては境町が国内初になるという。運営費は初期投資額を含め、「5年間でおよそ5億2000万円と見積もっている」(境町)。

 NAVYA ARMAは、1回の充電で約9時間(約200km)を自動走行するEV(電気自動車)。最高時速は25㎞で、自動運転に必要なGNSS(Global Navigation Satellite System:全球測位衛星システム)、前後1台ずつのカメラ、LiDAR(Light Detection and Ranging)などの設備を搭載する。

 境町での運行には、ソフトバンクの子会社であるBOLDLY(東京都千代田区)とNAVYA ARMAの国内販売代理店であるマクニカが協力する。BOLDLYは自動運転車両プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使った自動運行の管理やルート選定など、マクニカは車両の輸入とメンテナンスを担当する。NAVYA ARMAとDispatcherを組み合わせた自動運転バスは、このほか羽田空港に隣接する大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」のスマートシティプロジェクトでも採用されている(HANEDA INNOVATION CITYの発表資料:PDF)。

 運行ルートは往復約5kmで、多目的ホールや集会室、テニスコートなどのある「境シンパシーホールNA・KA・MA」と、老舗和菓子店の旧店舗をリノベーションした商業施設・シェアオフィス「河岸の駅さかい」をつなぐ。まずNAVYA ARMA1台を1日8便運行させ、準備が整い次第、2台を1日16便運行させて、その間に残る1台の充電やメンテナンスを行う体制を整える。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/112701787/