埼玉県久喜市、東武鉄道、トヨタホーム、イオンリテール、早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科小野田弘士研究室はの5者は、11月10日に「まちづくりに係る連携・協力に関する協定書」を締結。埼玉県久喜市の南栗橋駅前エリアにおいて産官学連携による次世代のまちづくりを推進するプロジェクト「BRIDGE LIFE Platform(ブリッジライフプラットフォーム)構想」を策定・発表した。2022年5月のまちびらきを目指す。

「BRIDGE LIFE Platform想」により開発された街のイメージ(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
「BRIDGE LIFE Platform想」により開発された街のイメージ(発表資料より)

 「BRIDGE LIFE Platform構想」を推進する南栗橋駅前エリアは、近くに自然がありながら東京都心部(大手町)まで約1時間という立地。リモートワークの推進により郊外生活の需要が高まる中、都心で働くファミリー層が求める「家族との時間を増やせるまち」「子どもと暮らしやすいまち」「遊びと仕事を両立できるまち」を実現することが目的だ。

 対象となるのは、南栗橋駅前の約16.7ha。「戸建街区・クラブハウス」「商業街区」「生活利便街区」「公園等」の4街区に分けて開発する。南栗橋の立地を活かし、人と人、東京と自然など様々なファクターをつなぐ「BRIDGE(ブリッジ)」をコンセプトに、人々が健康で幸せに生きることのできる次世代の街づくりや新たな生活様式を創出するプラットフォームとなることを目指す。

4街区のイメージ街全体を一体的に開発する(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
4街区のイメージ街全体を一体的に開発する(発表資料より)

 「戸建街区・クラブハウス」を担当するのは、トヨタホームと東武鉄道。約3.8haに172戸の住宅を建設する。先進設備を採用したスマートタウンとして、5GWi-Fi敷設をはじめ、防犯カメラ設置、無電柱化、地盤強化、歩車分離などで安心して暮らせるまちを開発。また、クラブハウスを整備して、コワーキングスペースや住民によるイベントやワークショップを実施するスペース、屋外のバーベキュースペースの整備も予定している。東武鉄道は南栗橋エリア全体における街づくりのコーディネートも担う。

 「商業街区」はイオンリテールの担当で、約2.4haのエリアにスーパーマーケットなどの商業施設を開業予定だ。「生活利便街区」を担当するのは東武鉄道。約2.5haに保育所やシニア施設を誘致したほか、医療モールも検討している。「公園等」は久喜市が担い、公園のリニューアルなどにより約3.6haの公園と約3.5haのスポーツ広場を設けたり、遊歩道や桜並木沿いにベンチを設けたりする予定だ。

  早稲田大学小野田研究室は、自動宅配の実証実験など次世代モビリティシステムを導入し、環境に配慮しつつ住民の利便性を向上させるサービスを展開する。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/112902221/