神戸市兵庫区のサイト。トップページで提携を伝えていた(資料:神戸市兵庫区)
[画像のクリックで拡大表示]
兵庫区のサイトからダウンロードできるチラシ(資料:神戸市兵庫区)
[画像のクリックで拡大表示]

 神戸市兵庫区は、地域SNSを運営するPIAZZA(ピアッツア)(運営するSNSも同名。東京都中央区)と連携協定を締結した。11月26日からPIAZZAは「PIAZZA兵庫区エリア」を新設、区は同SNSへの情報配信などを行う。兵庫区では、住民自身の口コミによる区内の子育て関連情報の流通促進と、行政による子育て支援情報発信の充実を目指す。

 PIAZZAは、地区担当の「コミュニティデザイナー」によるオフラインでの活用や、スマートフォンなどによるアプリ利用動向などについて、同社独自指標「Community Value(CV)」によってユーザー間のつながりや活動を定量評価できることが特徴。PIAZZAによると、兵庫区でも現地在住のコミュニティデザイナーが活動開始予定だという。

 神戸市では、既にフェイスブックや地域SNS「マチマチ」とも連携している(関連記事)。これらSNSとの使い分けについて兵庫区では「どちらかをより推奨するというわけではない。市民にとって情報交流のチャネルが増えるのはよいこと」「兵庫区は子育てに力を入れている。子育て支援で先進的と言われている江東区豊洲、川崎市の武蔵小杉、千葉県流山市などのエリアで実績があることからPIAZZAとの連携を決めた」とコメントしている。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/113000969/