福井県は2020年12月からSpectee(東京都千代田区)、日本気象協会とともに、道路に設置したカメラ映像からAI(人工知能)が路面状況をリアルタイムに判別する技術の実証実験を実施中だ。実証期間は2021年8月まで。Specteeと日本気象協会が共同開発する「路面状態判別技術」を県内の路面状況確認カメラの映像に適用して、判別の精度を検証する。

実証実験のイメージ(出所:福井県、Spectee、日本気象協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 福井県では近年、冬季の積雪や路面凍結によって立ち往生する車両が発生し、多数の車両が長時間にわたって道路上に滞留する事態が発生している。例えば2018年2月の豪雪では、北陸自動車道や中部縦貫自動車道が通行止めになり、その影響による交通渋滞で国道8号に約1500台の車両が長時間滞留した。路面状況をリアルタイムに把握できれば凍結防止剤の散布や除雪作業といった対策を実施できるようになるが、現状では積雪センサーなどの路面状況を調べる計測機器は高額であったり技術的に発展途上であったりするため、道路状況の判断は最終的に人の目に頼らざるを得なかった。

 Specteeと日本気象協会の路面状態判別技術は、広範囲の道路に多数設置されているカメラの映像を利用でき、計測機器より安価である。複数のカメラ映像を組み合わせた“面的”な情報を分析することで、路面状態の網羅的な把握が可能になるという。両者は2019年から同技術の共同開発に取り組んでいる(共同開発に関するSpecteeの発表)。

 福井県内には、県、県警、国道事務所、中日本高速道路などが県内300カ所以上に路面状況確認カメラを設置している(「令和2年度道路雪対策基本計画」福井県土木部:PDF)。福井県は今回の実証実験の結果を踏まえて、凍結防止剤の散布や除雪作業など、県が行う道路管理作業の効率化につながる手法を検討していくとしている。