「分身ロボット」を活用してひきこもり当事者の社会参加を支援、神戸市

事業イメージ。図中のロボットの写真が分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」(資料:神戸市)