多摩市の民間提案公募のウェブページ
多摩市の民間提案公募のウェブページ

 東京都多摩市は、民間提案制度に基づく事業提案を募集する。市が課題を設定する「テーマ型」のソフト事業とハード事業およびネーミングライツと、自由提案の「フリー型」があり、提案書の提出は2022年1月5日まで。ハード事業では、市のすべての施設や公的不動産でトライアル・サウンディングを募集する。

 事業の要件は、市と市民の両方にメリットがあること、独自性・長期的視点があることと、新たな予算を伴わないこと。実施案件は2月に決定・公表する。なお、提案にあたっての施設の現地見学は、12月24日まで希望により実施する。

 ハード事業では、事業者が一定期間、公共施設を使いその効果的な利活用策を探るトライアル・サウンディングを行う。対象はすべての市の施設や公的不動産。積極的に提案を募るテーマは「都市公園の魅力向上、賑わい創出」「シェアサイクル導入によるサイクリング振興」「子ども・子育てにやさしい公園」の3つだ。市は実施後の実績報告をもとに事業者にヒアリングを行い、本格利用の検討材料とする。

 ソフト事業のテーマは「ワクチン接種記録の効率的な管理及び有効活用」「多摩市版クールシェア事業の拡大」「中小事業者の温暖化対策の推進」「エコアクションの推進」「障がい者差別解消に向けた普及啓発」の5つ。

 ネーミングライツは、多摩市総合福祉センター、多摩市立総合体育館、多摩市立武道館、多摩市立陸上競技場の4施設と市主催のソフト事業について募集する。そのほか多摩市の行政課題解決に向けた自由提案も募集する。