尼崎市と兵庫県は2018年12月1日、阪神電気鉄道グループの阪神ステーションネット、シナネンサイクル、OpenStreetの3社が構成する共同事業体と共同で、シェアサイクルの実証実験を尼崎市内で開始した。3社の共同事業体が「尼崎市コミュニティサイクル実証実験」 の採択事業者として実施する。実験期間は2020年3月までの予定。

阪神尼崎駅南口の「ステーション」
[画像のクリックで拡大表示]

 実験では、尼崎市および兵庫県が公共用地の提供を、3社の共同事業体はHELLO CYCLINGの自転車や駐輪場となるサイクルポートなどの設備整備や運営を担う。補助金や委託料などの、尼崎市・兵庫県の費用負担はない。

 阪神ステーションネットは、阪神沿線の住民・来訪者の移動の利便性向上や、放置自転車対策などを目的に2017年12月から、OpenStreetが提供しているシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を使ってシェアサイクル事業を展開していた。今回の実証実験では、既存の5カ所のサイクルポートに加え、尼崎市と兵庫県の提供用地を使って新たに7カ所を開設する予定だ。それに伴い自転車の台数も、現在の約20台から390台以上を目標に順次増大する計画。サービスの利用料金は、15分60円(最大24時間1000円)などとなる。

 実験は、尼崎市における新たな交通サービスとしてシェアサイクルの有用性や課題を検証することが目的。尼崎市は、民間事業者によるコミュニティサイクル・ビジネスの市域における本格導入および継続実施を見据え、(1)尼崎市域内のJR・阪急・阪神の鉄道駅相互間における南北方向の移動の利便性の向上、(2)尼っ子リンリンロード(サイクリングロード)や尼崎21世紀の森などの新たな魅力の発見の手段となり得るかについての2点を実証する。