「トリップベース(Trip Base)道の駅プロジェクト」のホテルイメージ(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
2020年秋以降の開業予定地(11月28日時点)(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 積水ハウスとマリオット・インターナショナルは、「道の駅」隣接地などでホテルを開設・運営する地方創生事業「トリップベース(Trip Base)道の駅プロジェクト」を開始する。第一段階として、ロードサイド型ホテルを2020年秋以降に栃木・三重・岐阜・京都・和歌山の5府県で、15カ所・約1000室の規模でオープンし、その後、順次全国に展開していく。車中泊や短時間滞在の場所として利用されていた道の駅にホテルを整備することで、観光客の滞在時間を伸ばし、地域活性化などにつなげる狙いだ。

 核となるホテル事業では、マリオット・インターナショナルが手掛ける日本初上陸となるホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」。積水ハウスがプロジェクトマネジメントを担当する。積水ハウスとみずほフィナンシャルグループをはじめとした金融機関および観光産業支援に特化したファンド等が出資するこのプロジェクト専用のSPC(特別目的会社)が事業主となり、マリオット・インターナショナルがホテルを運営、積水ハウス子会社がホテル経営を担う。

 「未知なるニッポンをクエストしよう」をコンセプトに、こうした道の駅ホテルをハブに、自動車やバイク、自転車などで「地域の魅力を渡り歩く旅」を提案・提供する。プロジェクトの推進に当たっては、各地の自治体だけでなく、レンタカー事業者やレジャー関係者などとも連携していく予定だ。

 積水ハウスの調査によると、日本全国に訪れるインバウンドのうち約4割が地方都市へ足を運んでいることが分かった。インバウンド向けの事業を大阪や東京など都市部を中心に展開してきた積水ハウスにとって、この調査結果は「日本人の気づかない地方の魅力がクローズアップされている」ことを知るきっかけとなり、今回の道の駅プロジェクトの計画へとつながったのだという。

 積水ハウスの担当者は「道の駅という利点を生かし、観光客にはさまざまな場所に足を運んでもらいたい。また観光地同士の連携が取れれば、さらに人が集まり、地域活性にも貢献できる。自治体や周辺施設とのネットワーク作りがカギだ」と話す。地域と共存共栄し、地域のパートナーなどとのアライアンスを積極化することで、地域活性化のプラットフォームになっていくことを目指すとしている。