八王子市は、2017年度から19年度に実施したSIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)事業「大腸がん検診受診・精密検査受診率向上事業」の最終報告書を公表した。これは、同市と、事業を手掛けたキャンサースキャン(東京都品川区)、中間支援組織ケイスリー(東京都渋谷区)との共同執筆によるもの。併せて、今後、他の自治体も実施を検討する際に使える、「大腸がん検診支払い条件試算ツール」を公開した。

「大腸がん検診支払い条件試算ツール」画面(部分)(資料:八王子市)
[画像のクリックで拡大表示]

 事業は、大腸がん検診の受診勧奨と、精密検査の受診勧奨の2段階で実施した。まず17年度に、前年度の大腸がん検診未受診者から1万2162人を選定、過去の問診結果に基づいたオーダーメイドの受診勧奨を送付。さらに、検診で精密検査が必要と判定された全員(3119人)のうち、受診が確認できない人に対して、おのおのの検査結果を示して大腸がんリスクを訴える受診勧奨を送付した。

オーダーメイドの受診勧奨のサンプル(最終報告書概要版より)
[画像のクリックで拡大表示]
実施スケジュール(最終報告書より)
[画像のクリックで拡大表示]

 17年度の大腸がん検診については18年度に成果を測定。目標上限の19%を上回る26.8%を達成し、上限額の244万1000円が支払われた(関連記事)。精密検査については19年度に成果を測定。こちらは目標下限の79%を超える82.1%(目標上限値87.0%)で、達成度に応じた296万円(上限額488万円)が支払われている。3つ目の成果指標として早期がんの追加発見者数(1人以上)を設定したが、これは目標に達しなかった。以上の合計で、市の予算上限額976万2000円に対し、実際の支払いは540万1000円だった。

八王子市の予算計上(債務負担行為)と支払い額(最終報告書より)
[画像のクリックで拡大表示]