「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」で使用する車両と走行コース(袋井市の資料を日経BP総研が一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]
エコパドリームプロジェクトの概要(資料:袋井市)
[画像のクリックで拡大表示]

 静岡県は、県営都市公園の小笠山総合運動公園(愛称:エコパ)を中心とした愛野エリアにおいて、自動運転の実証実験「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」を2019年1月15日から2月8日まで実施する。同県袋井市が中心となり、同エリアを先進融合技術の実証フィールドとして提供する事業「エコパドリームプロジェクト」における初の実証実験でもある。

 「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」は、アイサンテクノロジー(タクシー型車両)、タジマEV(超小型車両)、コンチネンタルオートモーティブ(バス型車両)の3社の車両を使い、各企業による自動運転の実証実験およびモニター調査を実施する。具体的には、持つ三次元座標データ(点群データ)から高精度3Dマップを自動運転に活用する。5万人収容の多目的競技場「エコパスタジアム」、1万人収容の「エコパアリーナ」を有するエコパでの大規模イベントなどを想定し、人やモノの輸送などに向けた自動運転技術と社会受容性の検討などを行う。

 袋井市は、フィールド(市道)の提供、実証実験で使用する点群データの取得、およびオープンデータとしての提供、モニター募集、地元説明、地元企業や大学との連携などの面で協力する。

 エコパドリームプロジェクトは、袋井市が中心となり、企業・静岡理工科大学・市(産学官)の連携の下に発足した袋井市産学官連携推進協議会と連携して展開している事業だ。既存産業やまちのイノベーションを促進させることを目的に、エコパを中心とした愛野エリアを「モビリティ(自動運転など)」「無人飛行体(ドローンなど)」「マルチメディア(デジタルサイネージなど)」の3分野における実証フィールドとして提供するというもの。

 袋井市の担当者は、「最新の技術動向を見る・触れる・知る機会を、市民に提供していく。地方産業やそこに暮らす市民の生活が、時代・社会の変化に遅れることなく適応していける環境づくりとイノベーションの促進を、袋井市から実現・発信したい。『挑戦することを応援するまち』の姿勢を内外に強く打ち出すことで、地方がより活性化していければと願っている」と話す。