「日経 xTECH(クロステック)」2018年12月18日付の記事より

 関西電力とケイ・オプティコムは2018年12月18日、神戸市や神戸大学とともに神戸市三宮周辺地域で「街なかの人流見える化実証実験」を同日に開始したと発表した。

 具体的には、三宮周辺地域の街灯など約150カ所に赤外線センサー設置する。同センサーによる計測データは、ケイ・オプティコムが提供するLPWA(ローパワー・ワイドエリア)無線技術(LoRa方式)を活用して収集し、街全体の人の流れや人数などの情報をマップ上にリアルタイムで表示する。

図●実証実験の概要
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 計測した人流データは、神戸大学とともに天候・曜日・時間帯別の変化やイベント開催前後の変化などを掛け合わせた分析を行う。分析結果について、神戸市や地域の各種団体などが実施するイベントなどへの反映・再評価を繰り返すことで、にぎわい・回遊性のある街づくりを目指す。

 今回の実証実験は、「人流計測データを高精度、リアルタイムかつ低コストに収集できる点が特長で、実施範囲という点で国内最大規模」という。今後は、カメラ映像から抽出した属性情報など各種データの活用について検討する。またAI技術による迷子や体調不良者の検知など、街の安心・安全につながる実証実験にも取り組む予定である。