福知山市は、市を代表する総合公園である「三段池公園」の「公募設置管理制度(Park-PFI )」導入を検討するためのサウンディング型市場調査を行う。参加希望者は2022年1月21日17時までに電子申請で申し込む。サウンディングは、2022年1月28日の13時10分から17時まで、1事業者ごとに50分を目安に実施する。

出店候補地(出所:福知山市)
出店候補地(出所:福知山市)
[画像のクリックで拡大表示]
現在の三段池公園(出所:福知山市)
現在の三段池公園(出所:福知山市)
[画像のクリックで拡大表示]
利用人数の推移(出所:福知山市)
利用人数の推移(出所:福知山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 「三段池公園」は、53ha の広大な敷地内に動物園、植物園、児童科学館などの教養施設、総合体育館、武道館、テニスコート、多目的グラウンドなどのスポーツ施設、芝生の大はらっぱや大型複合遊具のある広場などがあり、年間おおよそ 53 万人(2019年度)が来園している。

 

 今回のサウンディングの内容は、(1)どういった業種が出店したらよいのか、また、募集開始する時期について、(2)公園内のどこに出店すべきか、またその範囲と面積や事業期間、公園使用料について、(3)公園利用者の利便が向上する目的で出店する民間事業者が負担できる園路、広場などの公園施設の整備の種類と金額について、(4)事業対象区域内に、自転車駐車場、地域における催しに関する情報提供のための看板・広告塔の設置など希望する種類と設置場所について、(5)その他の5点。市では利用者アンケートで三段池公園内に飲食機能を求める声が多くあったことから、飲食店舗の建設・運営を行いたい民間事業者を歓迎したい意向だ。

 なお、参加者全員での現地見学は行わず、参加者が必要に応じて各自で確認する。対話に出席する人数は1事業者4人以内。WEB での参加も可能だ。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/122202254/