札幌市厚別区の市営住宅下野幌団地跡地などを中心とする再開発エリアの事業者に選定されている大和ハウス工業らのグループは、2018年12月17日、札幌市と土地の売買契約を締結し、開発に着手した。JR千歳線・新札幌駅と札幌市営地下鉄・新さっぽろ駅周辺の約4万9000m2の開発用地に、大学などの教育機関と商業施設、ホテル、医療施設、分譲マンションを建設する計画だ。

「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」のG街区イメージ。大学や専門学校を整備する(資料:大和ハウス工業)
[画像のクリックで拡大表示]
「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」のI街区イメージ。分譲マンション、ホテル、商業施設、医療施設を整備する(資料:大和ハウス工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトの名称は「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」。事業地は、市営住宅の建て替えと集約により生まれた駅前の大規模開発用地で、JRの線路をはさんで南側にあるG街区と、北側にあるI街区に分かれている。市は、民間事業者からの開発案を公募し、2017年3月、応募2者のうち、審査を経て大和ハウス工業らのグループを選定した。事業者は、大和ハウス工業と子会社の大和リースのほか、新さっぽろ脳神経外科病院、新札幌整形外科病院、記念塔病院の3つの医療法人、および札幌学院大学と産業技術学園の2つの学校法人からなるコンソーシアムだ。

 コンソーシアムは、G街区には、札幌学院大学と専門学校の産業技術学園の校舎を建設する。2021年4月に開学予定だ。I街区には、大和ハウス工業が分譲マンションとホテルを、大和リースが商業施設を建設するほか、医療施設棟として、メディカルA~Dの4棟を建設する。Aは新さっぽろ脳神経外科病院、Bは新札幌整形外科病院、Cは記念塔病院となる。Dは、大和ハウス工業が建設する。いずれも2022年7月の開院を予定している。分譲マンションは地上30階建て、延べ床面積約2万2800m2の規模で、戸数は約210戸。2022年12月の入居開始を目指す。ホテルは地上12階・地下1階建て、延べ床面積約1万4300m2、約220室の規模で、2023年4月以降の開業を予定している。I街区は各施設間と新札幌駅を空中歩廊でつなぎ、歩行者の利便性の向上も図る。

「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の全体は位置図。JRの線路をはさんで南側にあるG街区と、北側にあるI街区に分かれている(資料:大和ハウス工業)
[画像のクリックで拡大表示]