国土交通省は、川とまちが融合した良好な空間づくりを官民連携で目指す「かわまちづくり」について、模範となる2件の取り組みを2019年度の「かわまち大賞」に選定した。受賞したのは新潟市の「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」と、岐阜県美濃加茂市の「美濃加茂地区かわまちづくり」。また、「審査員特別賞」として徳島市の「内町・新町地区かわまちづくり」を選んだ。

 選考対象は、国土交通省の「かわまちづくり」支援制度に登録している213地区のうち、計画の全部または一部を供用開始し、一定の成果を挙げている地区。2回目となる今年度は11件の応募があり、有識者4人で構成する審査委員会が「かわまち大賞」2件と審査員特別賞1件を選んだ。

大賞「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
かわまち大賞を受賞した「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」(資料:国土交通省)

 大賞を受賞した2組のうち、「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」は、全国初の緩傾斜堤である「やすらぎ堤」でイベントやオープンカフェなどを開催し、にぎわいを生む取り組みだ。

 2017年度からアウトドアメーカーのスノーピーク(新潟県三条市)が「アウトドアと健康」をテーマに全体のマネジメントを担い、成果を挙げている。同社参入前の16年度の来場者数3万人に対し、18年度は3万5300人に、売り上げは同7400万円から8690万円に増加した。審査では、その経済効果に加え、民間企業が参加運営する模範的なモデル形成や社会実験の実施、地元の受け入れ体制、周辺環境整備などが他地区の参考になると評価された。