大賞「美濃加茂地区かわまちづくり」

かわまち大賞を受賞した「美濃加茂地区かわまちづくり」(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]
かわまち大賞を受賞した「美濃加茂地区かわまちづくり」(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]
かわまち大賞を受賞した「美濃加茂地区かわまちづくり」(資料:国土交通省)

 同じく大賞に選ばれた「美濃加茂地区かわまちづくり」の中心は、木曽川の河畔に10年近くかけて再整備した「中之島公園 リバーポートパーク美濃加茂」だ。川遊びやバーベキュー、プレーパークなどのプログラムを用意する。川とまちをつなぐため、船着き場や水際遊歩道の整備、コミュニティーバス、レンタサイクル事業も実施。公園の供用開始後、来訪者数は前年の4万4000人から11万人と、2倍以上になった。2018年度グッドデザイン賞も受賞している。指定管理者(中之島公園利活用共同体 代表企業:有限会社EAT&LIVE、構成企業:有限会社リタッグ)は自主事業としてバーベキューやカフェ、アウトドアアクティビティーなどを運営しており、その仕組みづくりも評価の対象となった。

審査員特別賞「内町・新町地区かわまちづくり」

 審査員特別賞の「内町・新町地区かわまちづくり」は、徳島市の中心部を流れる吉野川水系の新町川と助任川、2つの川に囲まれた中洲「ひょうたん島」を対象とする。20年以上にわたって親水公園やボードウオークの整備が進められてきただけででなく、1990年発足のNPO法人・新町川を守る会が、川の定期清掃に加え、「ひょうたん島クルーズ」を運営。2000年に1万人だった乗船者は、16年には6万人に達した。近年はLEDによる景観整備、ふるさと納税型クラウドファンディングを利用した修景護岸整備が実施され、水辺を舞台にさまざまなイベントが開かれている。早くから水辺での活動をリードしてきた歴史と実績が評価を得た。