2020年1月24日、北九州市はNTTドコモと5G時代をにらんだ連携協定を締結した。連携協定により、同市はビッグデータによるまちづくり推進を目指す。関連して同日夜、小倉城天守閣を会場に、市、NTTドコモ、地元スタートアップ企業が語り合うイベント「5G×北九州 近未来の最前線 ミートアップ」が開催された。

ビッグデータを解析し観光振興策立案に役立てる

 「5G×北九州 近未来の最前線 ミートアップ」では、連携協定によるまちづくりの取り組みの説明、5Gによって期待できる未来の地域産業の姿などが語られた。

 連携協定による最初の取り組みは、全国初となる官民データ連携の実証実験だ。北九州市が保有する観光施設などの利用情報データと、NTTドコモの携帯電話の位置情報・顧客属性を掛け合わせて解析する。目的は「EBPM(Evidence Based Policy Making)」、すなわち「証拠データに基づく政策立案」だ。2019年2月〜20年2月の約1年分のデータを対象に、2月〜3月に解析を実施、市の観光振興政策の立案に役立てる。

ビッグデータ活用などにより、観光振興などでEBPMを目指す。(北九州市の投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、20年夏頃には、JR小倉駅周辺に、遠隔ミーティングができるコワーキングスペースが民間団体によって開設される予定だ。NTTドコモの協力により、5Gが実現するxR(VR=仮想現実、AR=拡張現実、MR=複合現実などの総称)を活用し、リモートワークとリフレッシュを兼ねた「ワーケーション」を提供する。市は広報協力やイベント共催などで支援。市外からの来訪者を増やし、将来の移住・定住につなげる狙いだ。

ワーケーション来訪者が増えるような環境を5Gの活用などで整備し、関係人口拡大を狙う(北九州市の投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、小倉城では「xR」活用による実証イベントを開催する。宮本武蔵と佐々木小次郎の「巌流島の決闘」をリアルに体感できる再現プログラムなどを予定している。

北九州市企画調整局の安永真一郎氏(写真:萩原詩子)

 北九州市企画調整局地方創生推進室 特区・国際人材担当課長の安永真一郎氏は「5G時代ならではのコンテンツが勝負。歴史的・文化的資源を最先端技術で活用していく」と語る。

 市民や経済界の情報リテラシー向上にも取り組む。「技術革新によって、われわれを取り巻く環境も、経済のルールも激変している。そのことを個人や企業が認識し、行動を変えていく機会を提供したい」と安永氏。IoTやAI、5Gなどをテーマとした勉強やセミナー、アイデアソンを実施する計画だ。

連携協定による北九州市とNTTドコモの取り組み(NTTドコモの投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]