内閣府は、成果連動型民間委託契約方式による事業(PFS:Pay for Success)の普及を目指し、関係省庁の取り組みや先行事例を紹介する「PFSセミナー」を開催した。セミナーはPFSに関心を持つ自治体や民間事業者の来場を想定し、2020年2月3日、都内で開かれた。

2月3日に開催されたPFSセミナーの様子(写真:赤坂 麻実)

 成果連動型民間委託契約方式による事業(PFS:Pay for Success)、行政の民間委託契約で、事業の成果に応じて支払額が変動するものをいう。成果目標をあらかじめ定め、その達成の度合いなどを評価し、支払額を決定する。民間の創意工夫が促される一方、適切な目標設定や客観性のある評価方法などが課題となる。なお、成果連動型民間委託で資金を民間投資家から調達するものをソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)と呼ぶ。

 PFSの普及促進は2019年6月に政府が閣議決定しており、医療・健康、介護、再犯防止の3つを重点分野として2022年度までのアクションプランを2019年度中に策定することが決まっている。セミナーでは内閣府、厚生労働省、経済産業省、法務省から担当者が登壇し、各府省とPFSの関わりや直近の取り組み状況を説明した。

内閣府:アクションプランを2019年度内に、ガイドラインを2020年度早期に

内閣府からは成果連動型事業推進室の石田直美参事官が登壇した(写真:赤坂 麻実)

 内閣府は今後、2019年度内にアクションプランを策定するほか、ポータルサイトを開設する予定。ポータルサイトではPFSに関心を持つ自治体や事業者の参考になるような国内外の先行事例や各種資料を公開していく。

 また、2020年度にはPFS実施のためのガイドラインを作成・公表する計画だ。ガイドラインには、分野ごとの成果指標の例示なども盛り込むという。さらに同年度には案件組成のモデル事業を実施して、自治体を後押しする考えだ。

■PFSの特徴と期待される効果
(資料:内閣府)
[画像のクリックで拡大表示]
■PFSの活用が期待できる場面(例)
(資料:内閣府)
[画像のクリックで拡大表示]
■内閣府における今後の取り組み内容
(資料:内閣府)
[画像のクリックで拡大表示]