本稿では、東京・谷中エリア(東京都台東区)で開業した、まち全体をホテルに見立てた分散型ホテル「hanare(はなれ)」と、埼玉県志木市で行われている地域マーケット「Yanasegawa Market」の2事例をもとに、まちづくり事業の実施方法の違いが、「地域の稼ぎ」や地域への様々な効果に大きな差を生むことを紹介する。

 地方創生の掛け声のもと、全国で様々なまちづくり事業が展開されている。まちづくり事業の実施に当たっては、事業目的と実施手段が合致していることが重要である。地域にカネを落としてもらうことを大きな目的の1つとするなら、本当にそうなっているのか、検証が必要であろう。

ケース1 分散型ホテル「hanare」(東京・谷中エリア)
~地域の稼ぎはチェーンホテルの5倍~

 空き家をリノベーションして客室にし、まち全体を宿に見立てた分散型ホテルが、東京都台東区の谷中にある。HAGI STUDIO(東京都文京区)の運営する「hanare」は、従来のホテルには館内にあるフロント・客室・浴室・食堂がまちに「分散」しているのが特徴だ。

分散型ホテルイメージ図(資料:HAGI STUDIO)
[画像のクリックで拡大表示]

 hanareのフロントにチェックインすると、谷中の町の散策マップと銭湯のチケットがもらえる。マップには、地域のレンタサイクル店や文化体験ができる施設などが分かりやすく示してあり、それを頼りに宿泊者はまちに出る。近くの自転車屋さんでレンタサイクルを借りて谷中を散策しつつおみやげを買い、お寺やお稽古教室で文化体験をして、まちの銭湯でひと風呂浴びて、商店街の定食屋や飲み屋へ。従来のホテルのように、レセプションもレストランもバスルームも、さらにみやげ店までホテル内に置いて宿泊客を囲い込むのではなく、まち全体で宿泊客をもてなすのが、「分散型ホテル」なのだ。

「hanare」レセプションは、カフェやギャラリーが入る複合施設「HAGISO」の一角にある。この建物は、もともと東京藝術大学の学生がアトリエなどに利用しており、老朽化で解体される予定だったものをリノベーションしたもの(写真:HAGI STUDIO)
[画像のクリックで拡大表示]
空き家をリノベーションした宿泊棟(レセプションから徒歩1分)。この宿泊棟は、長年空き家だった建物を借り受けてリノベーションした。空き家のリノベーションや分散型ホテル運営に、行政からの補助金は全く入っておらず、完全な民間事業であることも注目だ(写真:HAGI STUDIO)
[画像のクリックで拡大表示]

 このビジネスモデルにおけるお金の流れを見てみると、ホテルだけが儲けるのではなく、まち全体が儲かることに気づく。宿泊客が増えれば、まちの飲食店が儲かり、レンタサイクル店が儲かり、おみやげ店が儲かる。往時の半数(5軒)になってしまった銭湯を盛り上げることにもつながる。