2021年1月19日にオンライン開催された「日本型デジタル社会実現に向けたオール・ジャパンサミット」(主催:一般社団法人スマートシティ・インスティテュート)。プログラムの中から、本稿では「スマートシティの最終目的としてのWell-Being」と題したセッションの概要をお伝えする。なお、講演の動画は「日経チャンネル」で閲覧できる。

「スマートシティの最終目的としてのWell-Being」
オンラインで開催された「スマートシティの最終目的としてのWell-Being」の模様
【登壇者】
・慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 前野隆司氏(画像左下)
・京都大学 こころの未来研究センター 教授 内田由紀子氏(右上)
・コード・フォー・ジャパン 代表理事 関治之氏(右下)
・<司会>スマートシティ・インスティテュート 理事 南雲岳彦氏(左上)

 このセッションの司会を務めたスマートシティ・インスティテュート理事の南雲岳彦氏は、冒頭で「(スマートシティの)最終ゴールはウェルビーイングだろう。人間の世界として、どういう幸せなまちをつくっていけばいいのか――。そういった点を議論したい」と、今回の議論の方向性を示した。

幸せの4つの因子を「まち」に当てはめてみる
――慶應義塾大学大学院・前野教授

 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授は、「ウェルビーイングは『良好な状態』と訳される。身体(健康)・心(幸せ)・社会(福祉)を包み込む概念だ」と説明した。さらに、前野氏が「幸福学」の研究の中で導き出した心の状態についての「幸せの4つの因子」(①自己実現と成長、②つながりと感謝、③前向きと楽観、④独立と自分らしさ)について、それぞれの因子を「まちの在り方」に当てはめ、次のように語った。

(セッションにおける前野氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 「幸せなまちとは、①一人一人がやりがいを持って、②多様なつながりがあり、皆が感謝し利他的に助け合っているまちであること。そして③「自分たちの力でなんとかするんだ」という前向きで楽観的に生きるまちであり、④一人一人が個性を生かしているまちであるということになるだろう」(前野氏)。

「地域の中での幸福感」とは――京都大学・内田教授

 文化心理学、社会心理学を専門として対人関係の重要性や幸福感などを研究してきた京都大学こころの未来研究センターの内田由紀子教授は、「地域の幸福は、文化の中にある価値感に育まれている。そして、文化が生まれる単位としては、もちろん『国』も一つの単位だが、まちや企業といったもっと小さなコミュニティも、いろいろな形で文化の価値を共有している」と語り、「そのまちや企業の中でどういったウェルビーイングをもとめるのか。コミュニティ間の共通性と、地域や企業による差異の両方を考える必要がある」と指摘した。

 内田氏は、地域における幸福の重要な要素を特定したいと考え、測定指標をつくって調査を行っているという。これまでの調査からは、「地域の中で暮らしている人の実感としての幸福感」「地域内の社会関係資本(地域の中での信頼関係など)」「向社会的行動(ささいなことでも地域のために何か提案をすること)」の3つの要素は強く結びついており、循環的で密接な関連があることが分かったと説明した。

(セッションにおける内田氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 続けて内田氏は、地域との一体感と異質・多様性への寛容さとの関連について、「地域の中で信頼関係がしっかりできていると、人々の地域に対する愛着や一体感が強い。逆に、移住者など外から来た人に対しても『うちのことが気に入って来てくれたんだな』と多様性を受け入れる傾向が強い」と説明。こうした異質・多様性への寛容さが、向社会性行動につながり、ひいては多世代共創につながっていくことを図示した。