水辺活用の可能性を追究する官民協働プロジェクト「ミズベリング」のイベント「MIZBERING FORUM 2020220」が2020年2月20日、ニューピア竹芝ノースタワー(東京都港区)で開催された。主催は、ミズベリングプロジェクト事務局、国土交通省。関係省庁や企業などのピッチ(短い講演)が多数行われた。

 主催者のミズベリングプロジェクト事務局からは建築家・岩本唯史氏が登壇。岩本氏は「TREND MAP 2019」と題して、2019年の水辺周辺のトレンドを、以下の10のキーワードに整理した。

「新水辺続々オープン!」「EXTREME系水辺の夜明け」「大阪力」「水辺&メディアの力」「かわまち大賞とmizbering」「トライ&エラー」「SUP」「アーバニズム元年」「人材育成」「開業間近」 (順不同)

2019年における水辺開発・活用の進展を表す10のキーワード(岩本氏の当日の投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
ミズベリングプロジェクト事務局ディレクターの岩本唯史氏(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 「かわまち大賞とmizbering」は、ミズベリングプロジェクトが注目する取り組みと、国土交通省が高く評価する取り組み(かわまち大賞受賞の取り組み:関連記事)が一致する例が増えたことを意味する。「トライ&エラー」は水辺活用の社会実験が多く行われたことを表現した言葉だ。

 「SUP」は水上スポーツであるスタンドアップ・パドルボードの略称だ。「人材育成」は、国土交通省の各地方整備局による勉強会などの取り組み。「開業間近」では、2020年開業予定の水辺施設を紹介した。

2020年開業予定の水辺施設を紹介する岩本氏(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]