“暮らすと健康になるまち”をソーシャル・インパクト・ボンドで、千葉大・近藤教授

リスク点数と介護費用との相関を示すグラフ。この評価尺度が確立・普及すれば、SIBにおける介護費削減の効果測定は早期に行えるようになる(近藤教授の講演資料より)