• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

森林セラピーを企業研修に、智頭町と事業者が共同開発

面積の93%を占める森林資源を活用

赤坂 麻実=ライター【2017.4.13】

智頭町の「森のビジネスセラピー」パンフレット。同町では2010年3月に「智頭町森林セラピー推進計画」を策定。最近では企業向けの研修に力を入れている(資料:智頭町)
[画像のクリックで拡大表示]

 人口約7400人、鳥取県の内陸部に位置する智頭町は、面積の93%を森林が占める。降雨・降雪の多い気候ならではの深い緑と渓谷の美しさが特徴という。同町ではこの天然資源を生かし、森林セラピーを活用した企業研修プログラムを民間企業と共同で開発・推進している。

 事業推進のパートナー企業は、地方拠点でのIT業務の請負や地域活性化の支援に取り組むLASSIC(鳥取市)と、人材育成事業やヘルスケア関連事業を手掛けるルリエ(智頭町)だ。2015年にそれぞれ事業連携協定を結んでいる。

 研修プログラム内容は、森林セラピーと地域の仕事の手伝いや、民泊(農家民宿)などを組み合わせたもの。メンタルヘルス不調者の回復や、チームビルドの促進、ワークライフバランスが偏っている人に余暇の使い方のヒントをもたらすなどの効果を狙ったものだ。

 智頭町は2017年3月23日、これまでの取り組みを報告するセミナーを都内で開催し、町長や連携企業、利用企業が講演した。

研修誘致で地方への人の移動を促す

 町長の寺谷誠一郎氏は、「いよいよ田舎の出番」と気勢を上げた。「東京一極集中の状況により、特に首都圏で働く30歳代から50歳代がストレスを抱えている」との認識で、そうした人々を智頭町での森林セラピーで助けたいという。「田舎で深呼吸をしてリラックスして帰ってもらえたら」。

智頭町長の寺谷誠一郎氏。「これまでは東京から地方へ文化が伝わったが、これからは東京が地方から学ぶ時代になる」と熱弁をふるった(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]

 森林浴は一般に、「ストレスホルモン」と呼ばれるコルチゾールを減らしたり、副交感神経を優位にしたり、血圧や脈拍数を抑えたりする効果が期待できるとされている。同町の森林セラピーのプログラムでは、アミラーゼ検査や指尖脈波の測定でストレスチェックを行い、心身への効果を検証するオプションメニューも用意している。

 智頭町では、森林セラピーを活用したメンタルヘルスケア研修など、企業向けの研修事業を新たな産業に育てる考えだ。こうした研修を導入する企業が国の補助を受けられるよう、関係省庁に働きかけていくという。また、智頭町の「森のようちえん」(自然体験活動を基軸にした子育て・保育、乳児・幼少期教育の総称。智頭町では特定非営利活動法人智頭町森のようちえんまるたんぼうによる活動が行われている)の分校を東京近郊に設け、1年に1回は児童と両親が智頭町の本校を訪ねる仕組みをつくる構想も示した。寺谷町長は「政府が推進する地方創生は、こうした研修などで人の移動を促してこそ成り立つはず。数年後には人材研修の取り組みを鳥取県全域に広げたい」と意気込みを語る。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ