水辺活用の可能性を追究する官民協働プロジェクト「ミズベリング」のフォーラムで、関係省庁や関連企業が多数のピッチ(短い講演)を行った。フォーラムは2020年2月20日、東京都内で開催された。この記事では、多数のセッションの中から星野リゾート(本社・長野県軽井沢町)による長門湯本温泉(山口県長門市)の温泉街再生の取り組みについての発表を紹介する。

 星野リゾートの企画開発部プロジェクトマネージャーである石井芳明氏は、山口県長門市で同社が市や地元と連携して手掛けた温泉街再生プロジェクトについて語った。長門湯本温泉は600年の歴史を持つ温泉地で、昭和50年代には年間40万人が訪れたという。2016年に安倍首相がロシアのプーチン大統領と会談したことでも知られる。

星野リゾート プロジェクトマネージャーの石井芳明氏(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、山口宇部空港から車で90分ほどと、もともとアクセスに難のある立地だったのに加えて「地元の有名ホテルが倒産し、温泉街の中心地が廃墟のようになってしまった」(石井氏)ことをきっかけに、集客が落ち込んだ。そこで、大西倉雄市長(当時)が土地を買って建物を解体し、その跡地活用を星野リゾートに打診した。前市長は、同社の温泉旅館「界」ブランドの新施設を誘致したいと考えていた。

 石井氏によると、採算の見通しが厳しいことから一度は市からの打診を断ったものの、首長のオファーは非常に熱心なものであり、星野リゾートとしては、「旅館の進出だけでなく、マスタープランをつくり温泉街全体を魅力的にすること」を提案し、これを進出検討の条件とした。 長門市で検討が重ねられた結果、星野リゾートは2016年4月、山口県知事立会いのもと、長門市と進出協定を締結した。

 星野リゾートはマスタープランを策定。その特徴は、一帯を面的に整備していくことだった。「エリアに東京ドーム1個分の市有地があったが、その枠を超えて提案した。中間発表会に集まった地元の皆さんの中には、自分の土地がなぜか計画に組み込まれているということで、非常に驚かれる方もいた。かなり思い切った提案だった」(石井氏)。

赤枠内が市有地だが、マスタープランに周辺の外湯施設や飲食施設も盛り込んだ(石井氏の当日の投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 星野リゾートが目指したのは、「魅力的な外湯(日帰り入浴施設)があり、そぞろ歩きができて、散歩の途中で座って素敵なお菓子が食べられるような温泉地」。川辺の広場を温泉街再生の中心と捉え、広場に連なる勾配のゆるやかな竹林の階段や、親水空間などを設けた。

温泉街を流れる音信川に川床や遊歩道、飛び石などを設置することを提案(石井氏の当日の投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年11月に星野リゾートの温泉旅館「界 長門」の建物が竣工し、2020年3月12日、開業を迎えることになった。リニューアルした温泉街の各施設も多くが2020年3月から4月にかけて開業している。「目標達成はまだまだこれからだが、マスタープランを実行に移すことができた。これだけ、さまざまな専門家が参画し、公民連携で整備された公共空間が豊かなエリアはなかなかない」(石井氏)。

星野リゾートの温泉旅館「界 長門」の外観(資料:星野リゾート)
[画像のクリックで拡大表示]
公衆浴場「恩湯(おんとう)」。3月18日オープン(資料:長門湯守)
[画像のクリックで拡大表示]
古民家をリノベーションしたギャラリー兼おみやげ店「おとずれ堂」。4月3日オープン(資料:おとずれ堂)
[画像のクリックで拡大表示]
デザイン性の高い施設や案内板などが実現(石井氏の当日の投影資料より)
[画像のクリックで拡大表示]