国土交通省都市局街路交通施設課は、自治体による先進的な街路づくりのプロジェクトなどを紹介する講演会「第3回マチミチ会議」を2021年3月4日にオンライン開催した。会議では横浜市と岡山市がそれぞれ講演し、各市の道路空間の再整備や利活用の取り組みを語った。その概要をリポートする。

【自治体発表・横浜市】みなと大通りなどで車線幅を狭めて歩道を広げる

講演する横浜市都市整備局企画部都市デザイン室の梶山祐実室長(配信画面をマチミチ会議事務局がキャプチャー)
講演する横浜市都市整備局企画部都市デザイン室の梶山祐実室長(配信画面をマチミチ会議事務局がキャプチャー)

 横浜市都市整備局企画部都市デザイン室の梶山祐実室長は、関内駅周辺で進む2つの道路空間の再整備・利活用プロジェクトを紹介した。「みなと大通りおよび横浜文化体育館周辺道路」と、「日本大通り」だ。JR関内駅周辺を中心とするこのエリアでは、2020年6月に市庁舎が馬車道駅前に移転したのを機に、旧市庁舎街区の活用を含めた新たな街づくりが進んでいる。

 JR関内駅の南側と海岸を一直線で結ぶみなと大通りは片側2車線の道路を、片側1車線にして歩道を拡幅し、自転車レーンも設ける方向で検討を進めている。一方の横浜文化体育館周辺道路は、片側1車線ながら幅員が5.5mほどと広いが、車線幅を3m程度に狭め、歩道を広げて自転車レーンも設置することを検討している。

みなと大通りおよび横浜文化体育館周辺道路の周辺では再開発が盛んだ。旧市庁舎街区ではホテルやアリーナ、オフィス、大学など多機能を集積する複合ビルが2025年下期に開業予定(梶山室長の講演資料より)
みなと大通りおよび横浜文化体育館周辺道路の周辺では再開発が盛んだ。旧市庁舎街区ではホテルやアリーナ、オフィス、大学など多機能を集積する複合ビルが2025年下期に開業予定(梶山室長の講演資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年11月には、みなと大通りおよび横浜文化体育館周辺道路で社会実験を実施。カラーコーンを設置して車線幅を狭めて歩道を広げ、人や車の流れや沿道の利活用について検証した。併せて、利活用を促進するため、デッキの設置位置や使い方の例などを示した地図(リーフレット)を作成・配布。さらに、旧市庁舎の仮囲いに再整備事業の概要を掲示したり、カーゴバイクで通りを回ってアンケートを実施したりした。民間からも「面白がる会」というワークショップが発足したり、沿道の飲食店がデッキにいすを置くといった協力が生まれたりしたという。

官民でストリートの利活用促進に取り組んだ(梶山室長の講演資料より)
官民でストリートの利活用促進に取り組んだ(梶山室長の講演資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 「コンビニや飲食店の前にはテイクアウトしてイートインできるようにいすやテーブルを置き、開港記念会館の前には畳敷きの和室風の空間を設けるなど、場所に合わせて利活用空間を用意した。テーブルにノートパソコンを置いて仕事をする人がいたり、和室風デッキでお茶を点てたり、芝生敷きのデッキで子どもたちが遊んだりと、多様な利活用シーンが見られた」(梶山室長)

 期間中に通りで実施したアンケートでは、約400人の回答者の8割が、社会実験を「良い」と評価していた。今後は基本設計を修正した後、2021年度に詳細設計を実施し、2022年度から2023年度にかけて再整備工事を行う予定。沿道の大型開発を手掛ける事業者らとも、利活用について引き続き協議・検討していくとした。