健康への「無関心層」をターゲットに成果、SWC首長研究会

「健幸ポイントプログラム」参加者層と、参加後の行動変容(歩数増加)の結果(資料:筑波大学久野研究室)