2021年5月15日、「集え!全国のシビックテックプレーヤー」を合言葉に「CIVIC TECH FORUM 2021」がオンライン開催された。同イベントは今回が7回目となる。シビックテックとは、市民がITなどのテクノロジーを活用しつつ身近な困りごとや地域社会の課題解決に取り組む主体的な活動のこと。本稿では、プログラムの中から公共と民間が重なり合う領域での活動を紹介した3つのセッションを取り上げる。

市民からのフィードバックがあってこそのシビックテック

 奈良先端科学技術大学院大学 ユビキタスコンピューティングシステム研究室で助教を務める松田裕貴氏は、「シビックテックと情報科学を融合するスマートシティ研究プロジェクト」と題して発表した。松田氏の所属する同研究室では、IoTやAIなどの技術を活用して実世界の情報を収集・分析・応用する研究を行っている。松田氏はまたCode for Ikomaのメンバーとしてシビックテック活動にも取り組んできた。

 松田氏は、「シビックテックのコミュニティはサービスやツールをつくる人だけでは成立しない。市民がそれらを活用してこそ成立する。市民がアプリなどを活用する中で生まれてくる地域に関する情報、またアプリを使ってみた感想などがデータとして開発者側にフィードバックされるループを作ることが大切だ」と語る。

市民のフィードバックで育つシビックテック(当日の松田氏の発表資料より)
市民のフィードバックで育つシビックテック(当日の松田氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 市民や行政と連携して取り組んだ事例の1つとして松田氏は、新型コロナウイルス感染症の終息への願いを込めて2020年に全国各地の公園など22カ所で実施した凧揚げイベント「大空高くみんなの願いを!2020」(企画・運営:一般財団法人公園財団・平城宮跡管理センター、アートプロジェクト気流部)を挙げる。松田氏はCode for Ikomaのメンバーなどと連携して、参加者が凧揚げの様子を撮影した写真やコメントを共有できるアプリを開発して、参加者の一体感を高めたという。

イベント「大空高くみんなの願いを!2020」の概要とアプリで共有された画像(当日の松田氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
イベント「大空高くみんなの願いを!2020」の概要とアプリで共有された画像(当日の松田氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
イベント「大空高くみんなの願いを!2020」の概要とアプリで共有された画像(当日の松田氏の発表資料より)

 生駒市内の小学校と連携して2021年度進めているのが、小学生がデータクリエーターになって地域のデジタル図鑑をつくるプロジェクト。子供の視点でとらえた町の情報をデジタル図鑑にまとめる試みである。GIGAスクール構想で配布されたタブレット端末を利用する。プロジェクトのキックオフとなる出前授業を5月12日に実施。「生き物」「おすすめの本」「行事」「楽しい場所」など8つのテーマに沿って地域情報を集めていった。今後、1年かけてデジタル化していくという。

小学生が1年間かけて地域のデジタル図鑑をつくる(当日の松田氏の発表資料より)
小学生が1年間かけて地域のデジタル図鑑をつくる(当日の松田氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 「IoTなどを通じて認識される世界と、人間が認識にする世界にはギャップがある。システムが提示する解決策は必ずしも一致しない」と語る松田氏は、そのギャップを埋める研究を進めている。「利用者である市民から寄せられるフィードバックを通じてギャップを埋め、より人間の感覚に近い仕組みができないか」と松田氏は考える。そこで大切になってくるのがシビックテックの役割だ。例えば、安心・安全な帰宅ルートの案内をするサービスをつくる場合、「単に明るい道だけ選んで提示するだけでよいか。その人にとって<安心>とは何か。利用者の声を反映させることで本質的な課題の解決につながる可能性がある」(松田氏)というわけだ。

システムと人間の認識のギャップを埋める研究を進めている(当日の松田氏の発表資料より)
システムと人間の認識のギャップを埋める研究を進めている(当日の松田氏の発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]