• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

全国エリアマネジメントネットワークシンポジウム2018 in 東京

「日本版BID導入以前」の事例にエリアマネジメントを学ぶ

パネルディスカッション「これからのエリアマネジメント~活動と財源~」

小林直子=ライター【2018.7.25】

「全国エリアマネジメントネットワークシンポジウム2018 in 東京」(6月5日開催)では、国やエリアマネジメント実施団体など、内外の関係者を交えたパネルディスカッションが行われた。一体的なまちづくりや、財源をどう確保していくのか――。多くの組織が抱える悩みについて、2つの事例を参考にしながら議論した。

独自にまちづくり活動を発展させた「経験」に価値

パネルディスカッションの様子。登壇者は、左からコーディネーターの保井美樹氏(全国エリアマネジメントネットワーク副会長、法政大学教授)、サイモン・ピッキースリ氏(英国カムデンタウン・アンリミテッドCE)、青柳一郎氏(内閣府地方創生推進事務局審議官)、奥原悟氏(沖縄県北谷町デポアイランド通り会長)、白鳥健志氏(札幌駅前通まちづくり株式会社代表取締役社長)(写真:小林直子)

 パネルディスカッションでは、コーディネーターの保井美樹氏(全国エリアマネジメントネットワーク副会長、法政大学教授)が、エリアマネジメントについて、「エリアを限定して将来どのような地区にしたいのかというビジョンを共有し地域再生を行っていく仕組み」であると解説。日本では、今年6月に「地域再生エリアマネジメント負担金制度」が創設されるまで、ずっと財源確保を支援する制度がなかったが、「その中で独自にまちづくりを実施して発展させてきた各組織の経験は、参考にする価値がある」(保井氏)と位置付ける。その実例として国内2団体を紹介し、各団体のプレゼンテーションが行われた。

海外と連携して観光客を相互誘致、沖縄県北谷町「デポアイランド通り会」

沖縄県北谷町のデポアイランド地区の位置(資料:デポアイランド通り会)
[画像のクリックで拡大表示]

 沖縄県北谷町の「デポアイランド通り会」(奥原悟・会長)は、人口約3万人の北谷町の美浜地区アメリカンビレッジ地区内に位置する広域型商店街に置かれたエリアマネジメント団体だ。創設は2013年で現在の会員数は6社である。美浜地区は地域住民や観光客、在沖米軍関係者などでにぎわうエリアで、娯楽施設、スーパー、小中学校、野球場、役場や保育所など生活を支える基盤施設や余暇施設がある商業集積地で、現在新たなホテルの建設が進められている。近年の開発により人口と世帯数が増え続けている街でもある。

 1994年に発表された、米軍基地返還に伴う周辺地域一体の跡地利用としてビーチサイドを活かした「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」開発構想は、米国をイメージした外観や演出を行い、地区全体の統一感を確保するとともに個性あふれるまちなみの創出を図ったものだ。また、公共施設の整備として当該地区に1500台収容の無料公共駐車場を整備するとともに、地区中央には広い歩道を有する30mのシンボルロードを配し、レンガ歩道、ボードウォーク、東屋、照明灯、植裁などを施している。歩行者は各種イベントを楽しみながら街を散策することができる。「景観はまちづくりの重要な資源」と捉え、電線の地中化や水辺の活用、道路の遊歩道化などにも取り組み、「街(私有地)と公共空間のシームレス」を目指す。

 奥原氏は現在も開発が進む同エリアについて「地域一体型観光ビジネスと未来構想」を掲げ、「商業施設は個としての事業推進だけでなく、集合体として、まちの発展目標を共有する持続可能なまちづくりを共に考えることが重要だ」とエリアマネジメントの存在価値を説いた。街を訪れる人も「参加者」として、五感を刺激され、SNSへ自らの画像を投稿するなど創作活動を競って発信したくなるスポットを各所に設置する一方で、地域住民の「おもてなしの心」(奥原氏)による防犯・清掃活動も盛んだ。

 デポアイランド通り会がさらなる発展を目指し、現在進めているのは海外連携だ。その第1弾が、2018年5月に調印した「台北地下街との商店街活性化における基本協定」だ。観光客の相互誘客が主な内容で、今後は欧米諸国との連携も視野に入れる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
今後の公共空間価値向上整備事業のイメージ(資料:デポアイランド通り会)
SEASIDEウォークの価値向上整備事業のイメージ(資料:デポアイランド通り会)
[画像のクリックで拡大表示]
北谷町美浜アメリカンビレッジに隣接したフィッシャリーナエリアでは、北谷町が埋め立て事業を進めている。その一角を、デポアイランド通り会の会員である奥原商事が取得し、商業施設と宿泊施設が一体となったリゾート空間を開発する。駐車場の確保を含め、街全体が調和するよう建物のエクステリアなどの景観、導線、植栽などデポアイランド通り会で調整を行う(資料:デポアイランド通り会)
[画像のクリックで拡大表示]
デポアイランド通り会の課題について(資料:デポアイランド通り会)
[画像のクリックで拡大表示]
企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ