「Beyond Health」2021年8月16日付の記事より

Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を創る」ためのビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その一つとして掲げているのが、「Beyond Mobility(未来のモビリティ)」だ。

モビリティの活用により住民の健康促進を図る――。そんな取り組みをフィリップス・ジャパンと青森市が進めている。その取り組みの狙いや実証の様子、今後の展望などをお伝えしていく。

フィリップス・ジャパンと青森市による専用モビリティ(写真:近藤 寿成、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 フィリップスは今、モビリティとの連携による新たなヘルスケアサービス「ヘルスケアモビリティ」の構想を着々と進めている。具体的には、「サービスの移動」と「人の移動」の両面から、ヘルスケアサービスの動的・最適配置の実現をもくろむ(関連記事:フィリップスが目指す「ヘルスケアモビリティ」とは何か?)。

 特に、こうしたサービスのニーズは自治体にあるとフィリップスは見る。様々な自治体との連携を図りながら、用途の具体化やモデル実証を進めている。例えば、伊那市(長野県)とは「次世代ヘルスケアモビリティサービスに係る連携協定」を締結。オンライン診療に対するヘルスケアモビリティの有効性を証明するための実証に取り組んでいる(関連記事:いざ出発! ヘルスケアモビリティ)。

 一方、青森市と進めているのは、オンライン診療ではなく、予防領域へのモビリティの活用だ。2019年2月に締結した「ヘルステックを核とした健康まちづくり連携協定」に基づき、2020年度からモビリティを活用した予防サービス(フレイル/生活習慣病)を開始した。

 これらのサービスの実施拠点として運用していくため、両者は2021年5月末に「あおもりヘルステックセンター」を浪岡病院(同市)内に開設。さらに、青森県立保健大学と連携し、三者での連携協定を締結した。青森市民の健康課題解決においてモビリティがもたらす効果の検証など、産官学連携による成果の創出を目指す考えだ。

青森市立浪岡病院の外観。老朽化に伴い2020年2月から建て替え工事を進めていた。新病院の開院に合わせて、今回の取り組みを開始した格好だ
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、2021年6月末に浪岡総合保険福祉センターで実施された、モビリティを活用した予防サービス(フレイル/生活習慣病)の簡易ヘルスチェックと、浪岡病院内に開設されたあおもりヘルステックセンターを取材した。簡易ヘルスチェックにおいては、管理栄養士は浪岡病院の職員が、保健師は青森市役所浪岡庁舎の保健師が参加している。浪岡病院自体が青森市立ということもあり、自治体と病院が連携し「地域一体となって取り組んでいる形」(青森市立浪岡病院 事務局総務管理チーム 主幹の田澤賢氏)である。

 この取り組みにおいて、モビリティを活用する狙いは何なのか。