Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を創る」ためのビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その一つとして掲げているのが、「Beyond Mobility(未来のモビリティ)」だ。

モビリティの活用により住民の健康促進目指す──。そんな取り組みをフィリップス・ジャパンと青森市が進めている。取り組みの狙いを紹介した前回(“偶然の出合い”をモビリティで演出、無関心層へのリーチ目指す)に続き、今回は実証の様子をお伝えしていく。

フィリップス・ジャパンと青森市による専用モビリティ(写真:近藤 寿成、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回取材したのは、2021年6月末に浪岡総合保険福祉センターで実施された、モビリティを活用した予防サービス(フレイル/生活習慣病)の簡易ヘルスチェックである。

浪岡総合保険福祉センターの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 フィリップス・ジャパンと青森市は、2019年2月に締結した「ヘルステックを核とした健康まちづくり連携協定」に基づき、2020年度からモビリティを活用した予防サービス(フレイル/生活習慣病)に着手した。これらのサービスの実施拠点として運用していくため、両者は2021年5月末に「あおもりヘルステックセンター」を浪岡病院(同市)内に開設。さらに、青森県立保健大学と連携し、三者での連携協定を締結した。

 今回の簡易ヘルスチェックは、この一環の実証である。前編で紹介した通り、ここにモビリティを活用する狙いは、「どこでも参加できる仕組みを構築する」(フィリップス・ジャパン Solution CoE ソリューション事業推進部マネジャーの望月佑帥氏)こと。高齢者の社会参加の機会や場が少なく閉じこもりがちであることや、特定健診受診率が低迷している現状に対し、モビリティの活用により高齢者や働き盛り世代への簡易ヘルスチェックを提供しようというわけだ。

 今回のように、近隣の集会所など、一定のスペースを有する場所を借りつつ、そこに機材などを搭載した専用モビリティを併用して簡易ヘルスチェックを実施する、というのが想定する基本スタイルとなる。ただし、コロナ禍により、不特定多数の人が集まるイベントの実施が難しく、事前の告知もできていない状況にある。そうした中で、「他のイベントとの抱き合わせ」による簡易チェックを進めている。

 今回の簡易ヘルスチェックは、同センターで実施されるデイサービスの入浴サービスと組み合わせる形で実施していた。入浴サービスで現場に訪れた人たちに、ついでにヘルスチェックにも参考してもらうという具合だ。約10人の高齢者が簡易ヘルスチェックに参加した。

浪岡総合保険福祉センター内になる入浴施設の入口
[画像のクリックで拡大表示]