大分県国東(くにさき)市にある大分空港が、早ければ2022年に「宇宙港」となる。ロケットを搭載した飛行機の離着陸場(スペースポート)である宇宙港。実現すれば、産業振興などの効果も見込める。県が検討中のコンセッション(公共施設等運営権)導入も、空港の活性化に弾みをつけそうだ。

大分空港の目立つ場所に、「DREAM PORT OITA」(宇宙港)のイメージ図が掲げられている(写真:中川 美帆)
大分空港の目立つ場所に、「DREAM PORT OITA」(宇宙港)のイメージ図が掲げられている(写真:中川 美帆)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年7月11日、米国ニューメキシコ州の砂漠地帯にできた「宇宙港」でロケットが打ち上げられ、世界的な話題を呼んだ。飛行機に搭載されたロケットは、上空で飛行機から切り離され、高度約85kmに到達して、宇宙港に戻った。

 ロケットを開発して打ち上げたのは、米国の宇宙関連企業ヴァージン・ギャラクティック。搭乗したのは、創業者のサー・リチャード・ブランソン氏らだ。同社は今回の飛行を、2022年に始める予定の宇宙旅行事業の試験飛行だとしている。

 同様のロケット打ち上げ計画が、日本の大分空港でも進んでいる。最短で2022年に実施予定だ。

ヴァージンに大分空港を推薦

 大分空港からの打ち上げ計画には、目を引く特徴がある。種子島宇宙センター(鹿児島県)のようにロケットを垂直方向に打ち上げる「垂直型」ではなく、「水平型」と呼ばれるタイプであるという点だ。ニューメキシコ州での事例のように、小型人工衛星が搭載されたロケットを母船に積んで、空中で水平方向にロケットを発射する。実現すれば、大分空港は「アジア初の水平型宇宙港」になる。

 大分空港を宇宙港にする計画が浮上したのは2019年。ヴァージン・ギャラクティックの関連企業ヴァージン・オービットがアジアで宇宙港になる場所を求め、一般社団法人スペースポートジャパン(東京都港区)に相談を持ちかけた。スペースポートジャパンは、日本に宇宙港をつくり、日本の宇宙関連産業の振興を目指す団体。代表理事を宇宙飛行士の山崎直子氏が務め、正会員には鹿島や大林組などが名を連ねる。

 スペースポートジャパンはヴァージン・オービットに対し、大分空港を提案した。理由の1つは、宇宙船が離着陸できる長さ3000mの滑走路があること。ロケットを搭載する飛行機としては、ジャンボジェット機「ボーイング747」が想定されているため、十分に助走できる長さの滑走路が必要になるのだ。

 飛行機は、一般的な旅客機と同じく滑走路から飛び立ち、海上でロケットを切り離す予定。海に近く、離陸後すぐ洋上に出られることや、周辺に自動車や精密機械などの産業が集積していることもポイントになった。これらの技術は、ロケットや人工衛星の点検や整備にも活用できる。

 日本有数の温泉地である別府や湯布院が近いこともプラスに働いた。打ち上げとなれば、国内外の技術者らが大勢滞在する。見学者も訪れるだろう。こうした人々に対し、空港以外の魅力も味わってもらえることも決め手の1つになったという。

 これらを踏まえ、ヴァージン・オービットは大分空港を宇宙港に選定した。

3000mの滑走路があり、日本有数の温泉地に近いことも、「宇宙港」の決め手になった(写真:中川 美帆)
[画像のクリックで拡大表示]
3000mの滑走路があり、日本有数の温泉地に近いことも、「宇宙港」の決め手になった(写真:中川 美帆)
[画像のクリックで拡大表示]
3000mの滑走路があり、日本有数の温泉地に近いことも、「宇宙港」の決め手になった(写真:中川 美帆)

県民も宇宙にワクワク

 一方、大分県は一連の動きを受けて、2019年夏ごろから宇宙港についての検討を始めていた。そして2020月4月、ヴァージン・オービットと大分県はパートナーシップを結んだと公表。さらに同年9月、内閣府と経済産業省は大分県と福岡県を「宇宙ビジネス創出推進自治体」に選定した。これは、2018年8月の北海道、茨城県、福井県、山口県に次ぐ選定だ。

 宇宙港化の事業を担当する大分県商工観光労働部先端技術挑戦課宇宙開発振興班の堀政博主幹は「アジア初の宇宙港で、国内では前例がないため、法律関係の調整や手続きなどを進めている」と話す。大分空港は国が管理する空港なので、国土交通省の担当者とも相談や打ち合わせを重ねている。

 先端技術挑戦課のメンバーは15人ほど。宇宙港や衛星データ活用など宇宙関係を総括する宇宙開発振興班と、AI(人工知能)やセンサーなどのIoT、アバターを手掛ける先端技術挑戦班から成る。宇宙関係の法律に詳しい弁護士など、外部の専門家の協力も得ながら進めている。

 打ち上げ予定の2022年には、国内最大規模の宇宙国際会議「第33回 宇宙技術および科学の国際シンポジウム(ISTS)」(主催:日本航空宇宙学会)が別府市で開催されるなど、大分県での宇宙ビジネスを盛り上げる機運が高まってきている。

 県民の期待も大きい。大分県はヴァージン・オービットとのパートナーシップ締結の発表と同時に、大分空港を水平型の宇宙港として活用する計画を明らかにした。以来、先端技術挑戦課には、県民から「どんな仕事でもいいのでやりたい」「掃除などで関われないだろうか」といった問い合わせの電話が相次いでいるという。「こうした電話にはまだ対応できないが、宇宙というのはやはり魅力的なのだろう」(堀主幹)。