地域の乗合バス、継続のカギは自動運転やMaaSとオペレーション改革

BRTやラストワンマイルなど、限定的な走行環境でなら自動運転を早期に実装できると説明(松本氏の講演資料より)