京都スマートシティエキスポ2019の2日目、10月4日のプログラム「全国自治体交流シンポジウム」のうち、茨城県、広島県、東京都、三重県の事例を紹介する。各自治体では、抱える課題を解決するアイディアやテクノロジーの実証実験のフィールドとして大学や企業との連携を進めている。

三重県(基調講演):空飛ぶクルマ、児童虐待対策などにいち早く取り組む

三重県知事 鈴木英敬氏(写真:行友重治)

 基調講演では、三重県知事 鈴木英敬氏登壇。「三重発☆テクノロジーで『地方創生』」と題した発表を行った。

 2033年に行われる伊勢神宮の式年遷宮に関する一連の行事を多数控える三重県。観光客の増加も見込まれるこの機に、ICTを活用して観光客や地域に暮らす人々の暮らしを支える様々な取り組みにチャレンジしている。「空飛ぶクルマ」「児童虐待防止」などその範囲は幅広い。

 「空飛ぶクルマ」プロジェクトは、福島県と連携している。福島県南相馬市にある福島ロボットテストフィールドで機体開発を行い、その実装を三重県で実証する。機体開発にはNECなどが参加する。

 「空港や新幹線駅が三重県にはない。将来を見据えて移動手段となる新たなビークルを作りたい。観光地への移動、また中山間地域や離島の暮らしを支える移動革命を実現したい」(鈴木氏)。

 また、三重県では、全国で相談件数が増える児童虐待の対策として、AI(人工知能)を活用し始めている。

 「統計によると10年前に比べ、殴る蹴るなどの身体的虐待から、言葉による脅かしなどの心理的虐待が増加し、虐待が見えにくくなっている。そこで、子供を一時保護するかどうかの判断を勘や経験に頼るのではなく、客観的なデータに基づいて支援するAIを全国で初めて三重県で導入した」(鈴木氏)。 

 過去6000件の相談事例をもとに質問事項を作り、その回答から虐待かどうかを判断する補助にAIを活用する。このリスクアセスメントツールがインストールされたタブレットを職員が持参し、家庭を訪問する。タブレットと児童相談所はオンラインでつながっているため、その場で上司と相談もできる。

 「業務を職員の間で引き継ぐ際にも円滑にいく。業務引き継ぎがうまくいかないために子どもの命が奪われてはならない。同時に、職員を守ることになる」と鈴木氏。

 「全国をよくするために三重県も協力したい。データやテクノロジーをそのために活用する。実験フィールドとして企業に活用してほしい。また、自治体間で知見を共有したい。私たちも学ぶと同時に、一緒にやりたいという自治体は歓迎です」と呼びかけた。

三重県が発表したAIを活用した児童虐待対応システム(当日の投影資料より 撮影:柏崎吉一)
[画像のクリックで拡大表示]