全国エリアマネジメントネットワークは9月27日、渋谷ヒカリエホールAで「エリアマネジメントシンポジウム@Shibuya まちの個性×担い手からエリアマネジメントを考える」を開催した(共催は京都大学経営管理大学院)。2027年に主要な再開発事業が完了する渋谷のまちを題材に「まちの個性」を語り、「まちの担い手」を探る議論を展開し、「エリアマネジメントのネクストステージ」を展望するきっかけとする狙いだ。セッション1では「渋谷らしさ」、セッション2では「多様性をはぐくむエリマネ」をテーマに議論を行った。本稿ではセッション1の議論を紹介する。 

渋谷の街のアイデンティティとは?

セッション1では「渋谷らしさ」について活発な意見交換が行われた(写真:小林直子)
[画像のクリックで拡大表示]

 セッション1では日本のサブカルチャー評論などで知られる宇野常寛氏がコーディネーターを務めた。パネリストには外国人向けガイドマガジン「タイムアウト東京」を発行するオリジナル代表取締役の伏谷博之氏、明治大学専任講師でアソシエイツ・一級建築事務所を主宰する門脇耕三氏、国学院大学経済学部教授の田原裕子氏が登壇した。

 コーディネーターの宇野氏は冒頭「渋谷が『若者の街』と言われ、日本で一番輝き、日本中の若者が憧れ、世界中のレコードが集まるような最先端の街だったのは、自分たち4人が『若者』と呼ばれていた20年前の話。では、これからの渋谷の新しいアイデンティティとは何か」と口火を切り、登壇者へ順番にコメントを求めた。 

 最初に回答したのは、「工事中」という言葉で渋谷の新しいアイデンティティを表現した伏谷氏だ。伏谷氏は、「工事中」という言葉を選んだ意図を次のように説明した。

 「渋谷は2027年までずっと工事中で、住みづらい街になったと住民が話している。確かに工事で色々と大変だろうと改めて思うと同時に、ポジティブに考えれば、工事の先に新しい未来を有する渋谷の街が生まれると言う期待感を持つこともできる。ハード面だけではなく、ソフト面でのチャレンジもできるのではないか」

伏谷博之氏(写真:小林直子)
[画像のクリックで拡大表示]
伏谷氏のスライドは「工事中」(写真:小林直子)
[画像のクリックで拡大表示]