全国エリアマネジメントネットワークは9月27日、渋谷ヒカリエホールAで「エリアマネジメントシンポジウム@Shibuya まちの個性×担い手からエリアマネジメントを考える」を開催した(共催は京都大学経営管理大学院)。活発な議論が展開されたセッション1「渋谷らしさとは」を受け、セッション2では「多様性をはぐくむエリマネ」をテーマに議論した。本稿ではセッション2について報告する。 

セッション2では渋谷という都市の多様性について議論が進んだ(写真:小林直子)
[画像のクリックで拡大表示]

本当に渋谷に「多様性」はあるのか

 セッション2のテーマは「多様性をはぐくむエリマネ」だ。コーディネーターをロフトワーク代表取締役の林千晶氏が務めた。パネリストは、以下の4人が登壇した。建築家で水辺総研代表取締役、ソーシャルプロジェクト「ミズベリング」ディレクターとしてまちと水辺の関係を問い続けてきた岩本唯史氏。EDGEof共同創業者代表取締役・Co-CEOで事業構築の専門家として多種多様なスタートアップ設立に携わってきた小田嶋Alex太輔氏。STORY コミュニケーション・デザイナーであり東京・大手町で三菱地所が運営するサードプレイス「3×3Lab Future」の ネットワークコーディネーターを務める若松悠夏氏。渋谷駅前エリアマネジメント監事で東急不動産の渋谷プロジェクト推進本部・渋谷プロジェクト推進第一部統括部長の鮫島泰洋氏。

林千晶氏(写真:小林直子)
[画像のクリックで拡大表示]
小田嶋Alex太輔氏(写真:小林直子)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず林氏は、2017年10月に渋谷区が策定した、今後20年の渋谷のビジョンを示す基本構想において「多様性の担保からさらに一歩踏み込んだ、『ちがいを ちからに 変える街。渋谷区』」を未来像に掲げたことについて、「そもそも多様性とは何なのか。本当に渋谷には多様性が存在しているのか」と投げ掛けた。

 小田嶋氏は、母親がフランス人で父親が日本人、都内のフランス人学校で学び、大学教育をパリで受けたというバックグラウンドを持つ。氏は、日本社会における多様性への感性について、自分自身が日本社会で就職した際に初めて感じた違和感を明かした。「日本の文化だけで育ってきた人にとっての『当たり前』という言葉は『全員の共通認識』を指す」と例示。「多様性のある社会においての『当たり前』は、各人の心の中にそれぞれあるもので一致するものではない。考えや結論は人それぞれであることを認め、異なる人へ共感を強要せず、理解をすることだ」と多様性の定義を説いた。