Yデッキ(回遊デッキ)およびオフィシャルショップ


2020年3月23日撮影 Yデッキ(回遊デッキ)
横浜スタジアムの外周約600mをつないだYデッキ(回遊デッキ)。試合開催日以外は、チケットがなくても通行できる(写真:日経BP)
横浜スタジアムの外周約600mをつないだYデッキ(回遊デッキ)。試合開催日以外は、チケットがなくても通行できる(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
Yデッキの下に横浜ベイスターズのオフィシャルショップ「BAYSTORE PARK」を設置。そのほか、Yデッキ軒下の開放的な空間でバザーなど各種イベントを開催するなどして、敷地の横浜公園と連動した賑わい創出も見込む(写真:日経BP)
Yデッキの下に横浜ベイスターズのオフィシャルショップ「BAYSTORE PARK」を設置。そのほか、Yデッキ軒下の開放的な空間でバザーなど各種イベントを開催するなどして、敷地の横浜公園と連動した賑わい創出も見込む(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
Yデッキ内から外野スタンド位置にせり出したフォトスポット「DREAM GATE STAND」。観客はスタジアムを見渡した背景の記念写真が撮れる。試合開催日以外はシャッターが閉まっている(写真:2点とも日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
Yデッキ内から外野スタンド位置にせり出したフォトスポット「DREAM GATE STAND」。観客はスタジアムを見渡した背景の記念写真が撮れる。試合開催日以外はシャッターが閉まっている(写真:2点とも日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
Yデッキ内から外野スタンド位置にせり出したフォトスポット「DREAM GATE STAND」。観客はスタジアムを見渡した背景の記念写真が撮れる。試合開催日以外はシャッターが閉まっている(写真:2点とも日経BP)

2020年3月23日撮影 オフィシャルショップ「BAYSTORE PARK」
[画像のクリックで拡大表示]
オフィシャルショップ「BAYSTORE PARK」内観。ユニフォーム、タオル、メガホンなど野球観戦の応援グッズを中心に1500点をそろえる(写真:2点とも日経BP)
オフィシャルショップ「BAYSTORE PARK」内観。ユニフォーム、タオル、メガホンなど野球観戦の応援グッズを中心に1500点をそろえる(写真:2点とも日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
Yデッキ下に設置された「BAYSTORE PARK」外観。横浜公園に面したガラス張りの開放的なファサードだ(写真:日経BP)
Yデッキ下に設置された「BAYSTORE PARK」外観。横浜公園に面したガラス張りの開放的なファサードだ(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]