パシフィコ横浜にて開催された「第20回図書館総合展」(2018年10月30日~11月1日)。30日のフォーラムでは沖縄県恩納村の関係者が集い、「いま町村が熱い!フォーラム『観光×図書館』」とのテーマで同村の取り組みを報告した。

フォーラムに登壇した恩納村の関係者。左から長浜善巳恩納村長、恩納村文化情報センター係長・司書、沖縄国際大学非常勤講師の呉屋美奈子氏、株式会社ONNA専務取締役、恩納村観光協会幹事の與儀繁一氏(写真:すべて小口正貴=スプール)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本図書館協会の統計によれば、2017年現在、日本には927の町村があり、この中で公立図書館を設置しているのは522自治体、約56%に過ぎない。残り40%強には図書館が存在せず、ますます本に触れる機会が少なくなっている。

 恩納村は沖縄県中部に位置する南北に長い村で、豊富なビーチとホテルを抱える「観光の村」として全国的に知られる。なぜその恩納村が図書館総合展なのかと、事情を知らなければ首をかしげることだろう。実は同村は2015年に観光情報機能と図書館機能を兼ね備えた複合施設「恩納村文化情報センター」(以下情報センター)をオープンさせ、年々来館者数を伸ばしている。

 しかも、村にとって初めての図書館である。町村の図書館に逆風が吹く中、“新しい地方図書館の形”として成功した稀有な例と言える。

 情報センターは、リゾートホテルが立ち並ぶ国道58号線沿いにあり、恩納村博物館、おんなの駅(物産施設)と隣接。博物館はセンターの開館に合わせて入場料を無料にし、入場者数が約2倍に増加した。おんなの駅も年間来場者数が100万人を超えるなど、周辺施設にも集客効果が現れている。

村の基幹産業である観光と図書館を融合して情報発信

恩納村文化情報センターが村にもたらした効果を説明する長浜村長
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは長浜善巳恩納村長が、「恩納村に関するあらゆる情報を収集して村内外へ発信する施設を目指した。既存の図書館のイメージではなく、村の基幹産業である観光にも寄与するセンターでもある」と概要を説明した。

 1階を観光情報フロアとし、恩納村および沖縄本島北部のゲートウエー(玄関口)として観光客に村内および北部地域の観光地、観光施設の情報、村民、活動団体の情報を提供。この内容からわかるように情報は村民にも向けられたものであり、長浜村長は「村の良さを再発見してほしい」と考えている。

 そして2階部分が図書・情報フロアである。コンセプトは「村民が集い、学び合い、育つ図書館」。面積は1689m2、図書収容能力は開架・閉架合計で12万2000冊の規模を誇る。予算は沖縄振興特別交付金を活用し、施設費として総工費7億円を要した。

 入館者数は毎年増えており、2018年11月にも累計で30万人を突破する見込みだ。貸出人数は初年度(平成27年度)は2万人、2017年度には3万人近くに広がった。ユニークなのは、全国どこに住んでいても本を借りることができる点。これは観光客の多い、国内有数のリゾート地ならではの施策と言える。2018年8月31日現在、県外の登録者数は490人。あと8県で全国制覇だという。

 貸出冊数に目を向けると村内がとくに増えており、2015年度は約6万9千冊、平成29年度には約11万7千冊を数えた。村民1人あたりの貸出冊数は23.3冊となり、開館以降、村内の小学校平均読書冊数が30冊以上増加するなど、子どもたちの読書活動推進にも役立っている。初めての図書館を村民がどれだけ待ち望んでいたかを裏付けるデータである。

順調に伸びている貸出冊数の推移(当日投影された資料を撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 村の狙いは、情報センターを文化、知識、観光への架け橋として機能させることだ。「図書館は村づくり・人づくりの場所だと考えている。これからも村の基幹産業である観光と図書館を融合して情報発信の場として提供していきたい」(長浜村長)。

周辺施設と連携し、文化・知識・観光をつなぐ(当日投影された資料を撮影)
[画像のクリックで拡大表示]