第21回 図書館総合展(パシフィコ横浜)において2019年11月13日、指定管理者として公立図書館を運営・管理する4つの市民団体によるディスカッション、市民団体指定管理者フォーラム「各地からの現状報告と将来見通し」が開催された。それそれのユニークな取り組みの紹介のほか、運営資金調達の厳しい現状などへの言及もあった。

(写真:神近博三)
登壇者
・NPO法人本途人舎 大林晃美氏(市立小諸図書館)
・NPO法人まちづくり津島 園田俊介氏(津島市立図書館)
・一般社団法人とらいあ 高橋一枝氏(新庄市立図書館)
・NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」
 下吹越かおる氏(指宿市立図書館)
司会:図書館流通センター/図書館総合展運営協力委員 長田由美氏
コーディネーター:アカデミック・リソース・ガイド 岡本真氏

NDCを基本にしつつも、利用者視点の独自配架ルールを採用

市立小諸図書館/NPO法人本途人舎の大林晃美氏(写真:神近博三)

 フォーラムは長田氏の進行で、登壇者がそれぞれの図書館における取り組みや課題を順番に報告する形で進められた。最初に報告した大林氏は、市立小諸図書館(長野県小諸市)が採用する独自の図書分類・配架ルールを紹介した。

  市立小諸図書館は2015年に開館した新しい図書館である。2008年にその設立準備室が設立されると、大林氏は「図書館を考える会という反対派」(大林氏)として図書館に関わるようになり、その後、設立準備室や図書館の臨時職員を経て、2019年4月1日からは大林氏が参加するNPO法人本途人舎が指定管理者として市立小諸図書館を運営している。

 日本の図書館は通常、図書の分類・配架ルールとして日本十進分類法(NDC)を採用する。だが、市立小諸図書館はNDCを基本に、利用者の使い勝手を考えた独自の工夫を取り入れている。例えば、「ハムスターを飼いたい」という利用者向けに、ハムスターの生態を解説した書籍(4類:自然科学)とハムスターの飼い方マニュアル(5類:技術・工学)を並べて配架する。同じように、教育・子育てに関連する書籍も、NDCの分類をまたいで1つのカテゴリーとして配架する。こうした独自の分類・配架ルールは、旧図書館の閉鎖から新しい図書館がオープンするまでの間、比較的小規模な臨時図書館で試行錯誤を繰り返しながら、利用者のモニタリングを受けて決めていったものだ。

  利用者視点を優先する配架ルールだけに、当初は職員から「返却された本をどこに戻していいか分からなくなる」という反発もあったが、「覚えれば済むこと」という方針で乗り切ってきたという。