日経BP総研が運営するウェブサイト「新・公民連携最前線」は、全国の20代以上のビジネスパーソン2万1850人を対象に、「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発⽬標)」と、「現在住んでいる都道府県のSDGs推進の取り組み」について、それぞれ知っているかを聞いた。「SDGs認知度ランキング」は東京都が1位、「SDGs施策認知度ランキング」は福井県と宮崎県が同率で1位だった。

●都道府県別SDGs認知度
ランキングTOP10
●都道府県別SDGs認知度<br>ランキングTOP10
●都道府県別のSDGs施策認知度
ランキングTOP10
●都道府県別のSDGs施策認知度<br>ランキングTOP10
全国のビジネスパーソン2万1850人を対象に「SDGsの認知度」と「住んでいる都道府県のSDGs施策の認知度」を聞いた(出所:日経BP 総合研究所)

 今回の調査では、全国の2万1850人のビジネスパーソン(有職者=働く世代)を対象に、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発⽬標)の認知度などについてインターネット調査を実施した。

 調査ではまず、 回答者がSDGsについてどの程度知っているかについて、「1.内容を詳しく知っている 」「2.内容をある程度知っている」「 3.『SDGs』という言葉を聞いたことがある 」「4.全く知らない 」の4項目から1つ選んでもらった。項目ごとに重みづけをして各都道府県の住民の回答を点数化、その数値を偏差値化して、都道府県「SDGs認知度」ランキングを作成した。

 次に、先の設問でSDGsについて「4.全く知らない 」回答者を除き、「現在住んでいる都道府県のSDGs施策」について聞いた。「1.都道府県の取り組みを内容まで知っている」「2.内容までは知らないが、何らかの取り組みを行っていることは知っている」「3.取り組みを行っているかどうかを知らない」の3項目から1つ選んでもらった。項目ごとに重みづけをして各都道府県の住民の回答を点数化、その数値を偏差値化して、都道府県「SDGs施策認知度」ランキングを作成した。

1都3県ではSDGsの認知度は高いが、施策の認知度は中位以下

 ビジネスパーソンの「SDGs認知度」を都道府県別にランキングすると、1位は東京都で、2位は神奈川県、3位は千葉県だった。埼玉県も香川県と同率で第4位にランクインしており、1都3県が上位を占めた。

 また、第6位は福井県で、第7位は富山県。石川県の第10位で、北陸地方のビジネスパーソンのSDGs認知度は高いことが分かった。

 住んでいる都道府県のSDGs施策の認知度を調べた「SDGs施策認知度」ランキングでは、福井県と宮崎県が同率で1位になり、3位は鳥取県だった。SDGs認知度ランキングで1位~4位にランクインした1都3県について、SDGs施策認知度ランキングを見てみると、東京都と神奈川県が28位、千葉県が44位、埼玉県が31位といずれも中位以下。1都3県ではSDGsについての認知度は高いが、必ずしも住んでいる都県のSDGs施策についての認知度は高くないことが見て取れる。

 一方で、SDGs施策認知度がトップの福井県はSDGs認知度が第6位、SDGs施策認知度が第6位の熊本県はSDGs認知度も第8位と高いケースも見られた。