食事などに関する取り組み:食事対策は近畿エリアが積極的

(1-19)1日に2食以上、主食・主菜、副菜を組み合わせた食事をほぼ毎日している住民の割合について、数値目標を設定し、PDCAサイクルを回して、割合を増やすための取り組みを行っていますか(回答数394)。

(出所:日経BP総研)
(出所:日経BP総研)
(出所:日経BP総研)
(出所:日経BP総研)

 「行っている/平成30年度内に予定している」は36.3%、「実施を前提とした計画を持っている」が24.1%で、「具体的な予定はない」が39.6%だった。

 「行っている/平成30年度内に予定している」のエリア別の回答は、近畿の50%が最も高く、九州・沖縄は22.2%と最も低かった。人口規模別では、50万人以上が55.6%と半数を超えたが、5万人未満では24.6%にとどまった。

 長野県松本市は、第3期松本市食育推進計画「すこやか食プランまつもと」を推進する運動として、「1日2食は3皿運動~1.2.3でバランスごはん~」「おいしく食べよう具だくさんみそ汁運動」「よくかむ30かみかみ運動~飲み込む前にあと5回」を展開しているという。