両国の賑わいの起爆剤となるか――すみだ北斎美術館

ミュージアムショップ(写真:編集部)