JR中央線沿線の高架下を開発するプロジェクト「中央ラインモール構想」が進みつつある。駅前から回遊ゾーンを広げ、エリア全体の価値向上を目指す。この民間主導のコミュニティ活性化の取り組みは、施設整備から本格的な運用へとフェーズが移りつつある。

JR中央ラインモールの大澤実紀社長。「中央線沿線に住みたいと思っていただけるような」沿線開発を目指す(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 駅づくりからまちづくりへ――。東日本旅客鉄道は、JR中央線の三鷹~立川駅高架化により建て替えになった駅舎と、駅と駅との間の区間を、統一したコンセプトで一体的な開発を進めている。「中央ラインモール構想」と名付けられたこのプロジェクトは、駅前だけでく駅間にも賑わいのエリアを広げることで沿線価値を高め、これから少子高齢化時代を迎えて激しくなる地域間競争に備えて先手を打っていこうというものだ。

 現場で開発を推進するのは、JR東日本の100%子会社のJR中央ラインモール(東京都小金井市)だ。同社の大澤実紀社長は「駅間の高架下については駐車場、駐輪場やコンテナ倉庫など消極的な利用に留まっていた。これからは、駅から離れた高架下の利用も図り、周辺住民の方に住みやすい・暮らしやすい環境を整えたい」と開発の狙いを説明する。

 そもそも、JR中央線の三鷹~立川駅の連続立体交差事業は、1994年に都市計画決定され、1995~2013年度にかけて東京都が事業者となり事業を完了している。事業延長は13.1kmで、6市にわたり18カ所の踏切が解消された。このうち、線路が谷を走る区間などを除いた約9km、約7万m2の空間が、高架下として誕生した。

 まちづくりの視点からは、線路があったことで南北に分断されていた街が、高架化によりつながることで、回遊空間がつくられることが期待される。

 中央ラインモール構想での駅とつながる商業施設としては、「nonowa(ののわ) 西国分寺」「nonowa 武蔵境」「nonowa 東小金井」が既に開業している。2月19日には「nonowa武蔵小金井」がオープンするほか、「nonowa国立」の計画も進んでいる。東小金井駅と武蔵小金井駅には、改札の前に「コンシェルジュ」を設置し、駅施設や地域のイベント、観光情報などについて案内を行っている。

中央ラインモールのエリア。武蔵境駅~東小金井駅~武蔵小金井駅の区間と、国立駅~立川駅に向かう区間の、高架区間の約9km、約7万m2の空間を対象とする(資料:JR中央ラインモールの資料を一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]
東小金井駅では新たに西側にも改札口を設置して「nonowa 東小金井」とつなげた。「人の流れが変わる」として商店街などから反対の声もあったが、粘り強い交渉でオープンにこぎつけた。改札を増やすことについては「便利になってよい」という地元住民の反応も小さくなかったようだ(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
駅直結の商業施設「nonowa東小金井」。学生が多い街であることからパリのカルチェラタンを意識したデザインとした。ミニスーパー、ベーカリー、デリ・スイーツ店といった食料品店や雑貨店などのテナントが入居する(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
東小金井駅構内に設けられたコンシェルジュ。駅施設だけでなく、地域のイベントや観光情報など街の案内も行う(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]