地元の飲食店や雑貨店が入居するコンテナの店舗が並び、店先の路地や店内では「朝市」が開かれており近所の人々で賑わう。――JR中央線の東小金井駅(東京都小金井市)から高架に沿って200mほど東に位置するコンテナを活用した店舗群「コミュニティステーション東小金井」はそんな施設だ。2014年11月にオープンした。

2015年2月1日に「コミュニティステーション東小金井」(コミステ)で開催された「はけのおいしい朝市」の様子。冬は寒いので店舗内がメーン会場となる(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 JR中央線三鷹駅~立川駅間の13.1kmの連続立体交差事業(連立事業)は、東京都が事業主体となって進められ、2010年11月に完成した。連立事業は、6市にわたり18カ所の踏切を立体交差化することで、交通の安全確保及び渋滞の解消を行った。連立事業によって生み出された高架下空間については、このうち利用可能な延長約9km、約7万m2について、JR東日本の100%子会社、JR中央ラインモールが活用を図っている。

 従来から進めてきた駅を拠点とする商業施設開発から一歩踏み出して、JR東日本では、沿線価値を高めていくために高架下スペースに着目し、活用を始めたのである。

 JR東小金井駅から東に約200m、コミュニティステーション東小金井(以下、コミステ)は、JR中央ラインモールから依頼を受けてリライト(東京都新宿区)が、企画立案、事業計画、リーシング支援までを行った高架下のコンテナ施設だ。

 コンセプトは「人が集まるオープンスペース」。街の魅力に出会える場所、同じ関心を持った仲間に出会える場所ということを念頭に置いた。リライトの籾山真人代表は、「地域の人の受け皿となるようなコミュニティステーションをつくりだすことを目指した」と説明する。

コミュニティステーション東小金井。JR中央線高架下に、コンテナを利用した店舗が並ぶ。施設全体のファサードとして遊歩道との境界に白い鉄骨フレームを設けた。セットバックした店舗とフレームとの間に路地空間を生み出している(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]