言葉を交わさずに意思疎通を行う「テレパシー」。その存在を信じるだろうか?

 私は否定的である。どこか疑似科学的な響きがあるからだ。しかし、その意味や外延を拡げるならば、我々はテレパシーを既に現出しているのかもしれない。

 今回は、幾つかの状況事例をはさみながら、ヘルスケアの領域における「実践的な」テレパシーの在り方を考えてみたい。

「神秘的ではない」テレパシーが存在する

 世の中には、共感覚(シナスタジア)と呼ばれる特殊な知覚能を有する人々が居ることが知られている。これらの人々は、特定の知覚刺激(インプット)に対して、通常の知覚反応のみならず、異なる種類の感覚(アウトプット)を得る。例えば、特定の「文字」を視ると「甘く」感じたり、特定の「音」を聴くと「青く」感じたりする(図1)。

図1●共感覚
自他の壁を越えて、複数種の感覚を共体験する現象が観測されている(出所:DOI:10.1016/j.cortex.2019.02.025, DOI:10.1089/trgh.2018.0010, doi.org/10.1146/annurev-psych-113011-143840, doi.org/10.1016/j.jneumeth.2006.07.012などを基に筆者が作成)

 一説では、共感覚の保有者は総人口の1%程度に分布していると考えられている。そのなかで、「ミラータッチ共感覚」と呼ばれるサブタイプが存在する。他者間の物理的接触を自分のものとして感じることのできるタイプの感覚保有者だ。たとえば、他者Xが他者Yに触れると、自己Zが「触れられた」感覚を得る、という現象を示す。さらには、目線での他者同士の交わりに対しても、触覚を得られるケースも報告されている。

 共感覚という概念が発見されてから200年程度が経っており、自閉症などの疾病、トランスジェンダー、使用する言語体系、小児における言語能力の醸成プロセスなどとの相関などが示唆されているが、その形成メカニズムは依然として不明瞭なところが多い。一方、物理的にかけ離れた他者とのコミュニケーションが現象として現に成立しているという意味において、「神秘的ではない」テレパシーが存在する傍証であると言える。