人類が極度の移動制限を受けている。本稿では、医療課題とモビリティーの連関、モビリティーが新規モダリティー(医療の様式)となる可能性について小考したい。

疾病と日常生活の境界線

 製薬産業において、Patient Centricity(患者中心、患者参加)という言葉が叫ばれるようになった。国内においても、製薬企業や医療機器メーカーは、患者サポートプログラムの提供を活発化している。従来主観的データと見做されてきた患者起点のデータ、PRO(Patient Reported Outcome)を医薬品の開発やエビデンス構築に利活用する昨今の動向もその一例である。

 一方で、製薬企業と受益者である患者のあいだには、依然として大きな隔たりがあるように感じられる。とくに、「顧客」の定義において、他産業と医療産業とのあいだに乖離を感じることが多い。医療関連企業の第一義的顧客は医師を中心とした医療従事者や医療機関であると見做されているようだ。最終的な製品の利用者は患者である一方、製品選択の実質的意思決定者は医療提供側に在ることが構造的要因であるものと考えられる。

 医薬品や医療機器などの医療産業は、顧客の視点を吸い上げることに成功しているのだろうか? 患者の視点に立つと、日常生活と医療アクセスは不可分だ。医薬品・医療機器企業は、Patient Journeyに目配せをするが、自社製品周辺の使用シーンの分析の実施に留まることが多い。

 患者は、検査・診断・服薬・治療・予後管理という(メーカーお得意の)クリニカルパスに沿って生活を営んでいるわけではない。生々しく、個性的な日々の日常を営んでいる。そして、疾病に関連する本源的な困りごとは、そうしたLife Journeyの中に埋もれていることも少なくない(図表1)。

図表1●自己免疫疾患患者の本音
医療提供者が目指す「真理」と患者の「心理」のあいだには、大きな乖離がある(出所:自己免疫疾患患者へのインタビューを基に筆者作成)

 心不全など、そもそものケアパスが整備されていない疾患も多い。発症から診断までのタイムラグが長い希少疾患も散見される。便益者の視点に立つことではじめてPatient Journeyの最適化を検討することができるのではないか。