2020年、東京にてオリンピックが開催される。同時に開催されるのがパラリンピックだ。

 パラリンピック(英語: Paralympic Games)は、国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee、略称:IPC)が主催する、身体障害者を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会であり、オリンピックと同じ年に同じ場所で開催される。

パラリンピックの熱気

 年々パラリンピックの参加国は増加しており、盛り上がりを見せている。関心の高まりの背景の一つにあるのが、白熱する記録の進化だ。

 2016年リオ大会の走り幅跳びにおいて、ドイツのマルクス・レーム選手は8m40cmの記録を叩きだした。これは同年のオリンピック参加者である米国のジェフ・ヘンダーソンの記録を2cm上回るものであった。なお、マルクス・レーム選手は、2018年のヨーロッパ選手権においては8m48cmと自身の記録を10 cm伸ばしている。

 マルクス・レーム選手を始めとしたパラリンピック参加者の記録更新の背景には、参加者や周囲の支援者の努力や献身に加えて、義足をはじめとした補助器具やデバイスの技術進化が挙げられる。1980年代のカーボン繊維製の競技用義足の登場は、義足の能力向上の大きな変曲点となった。

 現在パラリンピックで用いられている義足は、かかと部分がカットされていたり、カーブを描いていたり、記録値の向上を目標として大幅な進化を遂げている。パラリンピックにおいて、「福祉」的側面から「競技」的側面への移行が指摘されている所以である。